混沌の場(カオス・フィールド)/Gateway to Chaos》

フィールド魔法
「混沌の場」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いの手札・フィールドからモンスターが墓地へ送られる度に、
1体につき1つこのカードに魔力カウンターを置く(最大6つまで)。
(3):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分はデッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 ディメンション・オブ・カオスで登場したフィールド魔法
 発動時にカオス・ソルジャー儀式モンスター暗黒騎士ガイアサーチする効果手札フィールドからモンスター墓地へ送られる度に魔力カウンター置く効果魔力カウンターを3つ消費して儀式魔法サーチする効果を持つ。

 (1)の効果により、カオス・ソルジャー儀式モンスターあるいは暗黒騎士ガイアサーチできる。
 儀式モンスターサーチには《マンジュ・ゴッド》等も存在しているが、召喚権を温存できるため、併用して儀式召喚事故率を軽減できるのは大きい。
 また、効果モンスター暗黒騎士ガイアモンスターサーチ手段が少ないため、こちらを優先するのも良い。
 《疾走の暗黒騎士ガイア》《暗黒騎士ガイアロード》を使い分けられるのは優秀であり、他の効果を無視してランク7主軸のデッキに採用してもいいだろう。
 《テラ・フォーミング》が実質モンスターサーチとなるのも見逃せない。
 ただし、効果処理としてのサーチである為、デッキ対象がいなければ発動自体ができない点は注意が必要である。
 逆に《盆回し》相手送りつけるとデッキ対象がいなければ相手フィールド魔法を封じられる。
 表側表示にできないので、メタルフォーゼペンデュラム効果破壊することもできない。

 (2)の効果魔力カウンター置く効果
 条件が非常に緩く、《トレード・イン》等の手札交換儀式召喚シンクロ召喚等に加えて、相手モンスター墓地へ送られた時にも置けるので、魔力カウンターが貯まる速度はかなり速い。
 そのため、【魔力カウンター】で採用する事も考えられる。
 特に《アーカナイト・マジシャン》とは相性が良く、シンクロ召喚時に素材墓地へ送られる事で魔力カウンターが置かれるため、《アーカナイト・マジシャン》自身の魔力カウンターを消費せずに効果を使う事ができる。
 更に、ペンデュラムモンスタートークン以外のモンスター破壊した時に魔力カウンターが供給されるため、繰り返し破壊効果使用できる。
 相手フィールドをがら空きにした上で儀式召喚まで繋げる事も不可能ではない。
 《マジックテンペスター》の場合も、手札コストモンスターにすれば必要となる手札枚数を実質半分に抑えてダメージを与える事ができる。

 (3)の効果儀式魔法サーチができるので、(1)の効果と合わせて単体で儀式召喚のギミックを揃える事も可能である。
 (1)と違ってサーチできる儀式魔法に制限がないので、カオス・ソルジャー暗黒騎士ガイアとは無関係の【儀式召喚】に投入する手もある。
 しかし、上記のカード事故要因となり、デッキ回転率が落ちてしまうのなら本末転倒である。
 リリース等で上記のカードを活かせないデッキならば《儀式の下準備》などでも充分であり、併用はよく考えたい。

  • アニメDMの「遊戯vs乃亜」戦で乃亜が通常罠《混沌のバリア−カオスフィールド−》、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsNo.96」戦でNo.96が同じ読みのフィールド魔法《カオス・フィールド》を使用しているが、どちらもこのカードとの関連性はない。
    なお、これらのアニメにおける英語名はそれぞれ《Chaos Barrier Field》、《Chaos Field》のため、英語名に問題はない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:デッキカオス・ソルジャー儀式モンスター暗黒騎士ガイアも存在しない場合に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(17/03/24)

(2)の効果について

Q:フィールドエクシーズ素材となっているモンスター墓地へ送られた場合はカウンターが置かれますか?
A:置かれません。(16/03/02)


Tag: 《混沌の場》 魔法 フィールド魔法

広告