鎖付(くさりつ)尖盾(スパイクシールド)/Spikeshield with Chain》

通常罠
発動後このカードは攻撃力500ポイントアップの装備カードとなり、
フィールド上のモンスター1体に装備する。
装備モンスターが守備表示で戦闘を行う場合、
装備モンスターの守備力はダメージ計算時のみ、その攻撃力分アップする。

 COSMO BLAZERで登場した通常罠
 発動攻撃力強化する装備カードとなり、装備モンスター守備表示戦闘を行う場合、攻撃力守備力に加算できる効果を持つ。

 装備カードとなる罠カードとしては珍しく守備的な効果を持つカード
 守備力には500ポイント分の強化値も上乗せされるので、感覚的には両方のステータスをアップさせているに等しい。
 他のカードに劣るものの攻撃表示モンスターへのコンバットトリックとして普通に利用する事もできるので、特別腐りやすいカードというわけでもない。
 装備形式ではあるものの、ダメージステップにて利用できるため、裏側守備表示でも問題は無い。

 守備表示の状態で守備力の数値で攻撃できる超重武者との相性は抜群で、《超重武者ビッグベン−K》であれば1500ポイントの強化が見込める。
 《超重荒神スサノ−O》の場合は2900ポイントの強化が可能。

 ほか守備力が重視される【アステカ】などでは、ほとんどのモンスターが低攻撃力モンスターであるため、このカードによる増強分を入れてもそこまで大きな上昇値が望めない。
 守備力が高い分、《D2シールド》の方が強化値が大きい。
 加えて、固有の効果が受動的であり、アドバンテージに直結しないのが最大の難点。
 単に戦闘破壊を逃れるためならば、戦闘破壊耐性を与えたり攻撃自体を妨害したりする方が効果的である。

 活用するならば、表示形式に絡む効果と別に、攻撃力がある程度高いものを扱う必要がある。
 《暗黒ステゴ》あたりだと、返しに有効打があるわけでもないので《明鏡止水の心》などで充分である。
 《アックス・ドラゴニュート》《カラクリ無双 八壱八》だとほとんどのモンスター戦闘破壊されず、反撃も含めなかなかに大きなライフ・アドバンテージを奪える。
 《ゴブリンエリート部隊》守備力4200となり大きな反射ダメージを狙えるが、表示形式を変更するのに2ターンかかるので、相性は微妙な所。
 ほかセットした《首領・ザルーグ》攻撃された際に用いることで下級モンスタークラスならば返しを含め2回分の手札破壊を狙う事もできる。
 ただこの場合守備力増強の恩恵が使い切りとなりやすいので、地雷以上の働きは期待しにくい。
 相手直接攻撃時に守備表示特殊召喚される《異次元エスパー・スター・ロビン》を守るのにも有効。
 守備力は5000にもなり、効果対象攻撃対象を制限する効果により、その後展開するモンスターを守ることもできる。
 ただし似たようなことなら戦闘破壊も狙える《最終突撃命令》や、追加ダメージも狙える《ガムシャラ》でも可能である。

 なお、《絶対防御将軍》《E・HERO ランパートガンナー》守備表示での攻撃時に効果適用されるが、上がるのは守備力のみなので意味は無い。
 もっとも、守備力は上がるので攻撃されにくくはなるが。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

Q:守備力がアップする際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/11/19)


Tag: 《鎖付き尖盾》 通常罠

広告