(さば)きを(くだ)(もの)−ボルテニス/Voltanis the Adjudicator》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守1400
自分のカウンター罠が発動に成功した場合、
自分フィールド上のモンスターを全て生け贄に捧げる事で特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、生け贄に捧げた天使族モンスターの数まで
相手フィールド上のカードを破壊する事ができる。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性天使族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する手札誘発誘発効果と、この特殊召喚成功時に相手フィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 最大で6枚ものカード破壊した後に攻撃力2800の大型モンスターを出せる爆発力は、決して軽視できるものではない。
 破壊効果対象をとらない効果であり、効果処理時リリースした天使族の数まで相手フィールドのカード破壊する。
 つまり2枚以上破壊されるかは発動時点では未確定の扱いになるので、《スターライト・ロード》発動されないという利点もある。

 とはいえ、特殊召喚時にフィールドモンスター全てをリリースしなければならないのに破壊効果に関係するのは天使族のみなので、天使族以外がフィールドに存在する場合は間違いなくディスアドバンテージが生じる。
 《冥王竜ヴァンダルギオン》と異なり、カウンター罠発動した所で1:1交換止まり、つまり《天罰》《マジック・ジャマー》コストは消えない。
 出来れば《八式対魔法多重結界》《マジック・ドレイン》などの、ノーコストカウンター罠を使いたいところである。
 誘発効果、すなわち「チェーンブロックを作る特殊召喚」であるため、《虚無魔人》系の他に《死霊騎士デスカリバー・ナイト》にも注意を要する。

 それからもう一つ、このカードを使用する上で大きな課題となるのが特殊召喚後の戦線維持。
 自分フィールドモンスターを「全て」リリースしなければならない以上、それまでディスアドバンテージを抑えていた《豊穣のアルテミス》らは軒並みフィールドを離れてしまい、維持していたコンボも停止する。
 そこから相手に逆転でもされれば立て直しが困難なため、そのターンに決着をつけてしまうか、《豊穣のアルテミス》らを蘇生なりリクルートなりして再展開する手段を組み込むかはしたい。
 いずれにせよ、特殊召喚のタイミングには細心の注意を払うべきだろう。

 リスク・リターンのバランスでは《冥王竜ヴァンダルギオン》に軍配が上がるが、あちらが「効果無効にする必要がある」のに対し、このカードは「カウンター罠発動するだけ」で出せる。
 つまり《キックバック》《攻撃の無力化》《地獄の扉越し銃》等の「効果無効にしない」カウンター罠による特殊召喚が可能であると共に、「発動」さえされれば良いため、《王宮のお触れ》発動下でもこの効果特殊召喚が出来る。
 後者の場合、《王宮のお触れ》の影響で相手カウンター罠《激流葬》が使えないので対応されることも少ないだろう。

 まとめると、アドバンテージ面では《冥王竜ヴァンダルギオン》の方が優秀だが、劣勢からの切り替えしという観点ではこちらの方が強い。
 マッチ戦においてメタられた時にこの差が大きく響くので、良く考えて採用したい。

  • 名前の由来は英語名から推測すると、Volta(電池を開発したイタリアの物理学者)+nisi(ラテン語系の法律語で、仮の〜を意味する)の造語かと思われる。
    Voltaは、ギリシア神話の最高神であり法律も司るゼウスが使う、「雷」をイメージしたのかもしれない。
    場合によっては、《サンダー・ボルト》をも上回る全体除去を実現するこのカードにふさわしい名前だろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップにこの効果特殊召喚できますか?
A:できません。(15/02/26)

Q:このカード特殊召喚されるのは、カウンター罠効果処理後ですか?
A:カウンター罠の含まれる一連のチェーン処理が終了した後、特殊召喚されます。

Q:フィールドがすべて埋まっている(モンスターカードゾーンに空きがない)時に、効果発動できますか?
A:発動できます。(10/05/23)

Q:カウンター罠チェーン2で発動した場合、「カウンター罠発動に成功した」直後にチェーン1の効果処理が挟まり、このカード任意効果タイミングを逃すのではないですか?
A:「発動に成功した場合」なのでタイミングは逃しません。(09/05/15)

Q:条件を満たしたとき、手札にこのカードが2枚ありました。両方を特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できるのは、どちらか1枚のみです。(07/01/04)

Q:条件を満たしたとき、手札にこのカード1枚と《冥王竜ヴァンダルギオン》1枚がありました。両方を特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できるのは、どちらか1枚のみです。(07/01/04)

Q:自分フィールド上にモンスターが存在ないとき、このモンスター特殊召喚できますか?
A:できません。1体以上のリリースが必須となっています。

Q:自分の場に《救済のレイヤード》が存在し、このカード除外されています。
  カウンター罠発動されたときに《救済のレイヤード》効果でこのカード手札に加え、チェーン処理終了後に手札に加えたこのカード特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できます。(07/12/24)

Q:《執念の剣》《マジック・ジャマー》カウンターしました。この場合、《執念の剣》チェーンする形で特殊召喚効果発動するのですか?
A:強制効果任意効果の順にチェーンを組むため、《執念の剣》チェーンする形になります。(10/08/31)


Tag: 《裁きを下す者−ボルテニス》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2800 守1400

広告