死者(ししゃ)への手向(たむ)け/Tribute to the Doomed》

通常魔法
(1):手札を1枚捨て、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 Vol.5で登場した通常魔法
 手札1枚をコストモンスター1体を破壊する効果を持つ。

 破壊するモンスターには何の指定もないが、手札コストの存在が痛い。
 《サンダー・ブレイク》のようにチェーン発動はできないので、2:1交換となりディスアドバンテージが生じてしまう。
 対応範囲は狭くなるが、ノーコスト《地割れ》《地砕き》などを使用した方が良いだろう。
 捨てられた時に発動するカードを併用する場合でも、除外する《ブラック・コア》デッキの一番上戻す《振り出し》全体除去可能な《ライトニング・ボルテックス》が存在する。
 これらのカードと比較すると、このカードが中途半端であることは否めなく、採用は難しいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「表遊戯vsレベッカ」戦においてレベッカが使用。
    遊戯の《エルフの剣士》を包帯で巻きつけ破壊した。
    その後の「遊戯vsキース」戦においてキースが使用。
    遊戯のモンスター破壊しようとしたが、《魔法効果の矢》により跳ね返された。
    「KCグランプリ編」においてもレベッカが使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:この効果対象をとる(指定する)効果ですか?
A:フィールド上に存在するモンスター1体を対象をとる(指定する)効果となります。(12/07/20)


Tag: 《死者への手向け》 魔法 通常魔法

広告