時空(じくう)()とし(あな)/Time-Space Trap Hole》

通常罠
(1):相手が手札・エクストラデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
手札・エクストラデッキから特殊召喚されたそのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
その後、自分は戻したモンスターの数×1000LPを失う。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した通常罠
 相手モンスター手札エクストラデッキから特殊召喚した時に、そのモンスターデッキ戻す効果を持つ。

 他の落とし穴と比較すると、ライフポイントを失うデメリットがある点と破壊ではなくバウンスである点が他と大きく異なる。
 ただし、召喚デッキ墓地から特殊召喚されたモンスター除去できない。
 特殊召喚時という条件を踏まえても、攻撃力に制限はあるがライフロスや場所の制限がない《奈落の落とし穴》や、耐性を含めモンスター効果無効にできる《煉獄の落とし穴》などの方が、状況を選ばず使える分汎用性は高いと言える。

 特にこのカードの想定敵となるペンデュラム召喚の場合、攻撃力1500以上が複数出てきても《奈落の落とし穴》で一掃できる。
 ペンデュラム召喚からエクシーズ召喚などを狙われたとしても1体までなら同様に対処可能。
 また、エクストラデッキからの特殊召喚に対しては対象こそ取るもののフリーチェーンかつライフロスの無い《ゲット・アウト!》の方が汎用性が高い。
 あちらは必ず2体をバウンスしなければならないが、ペンデュラム召喚による大量展開はリンクモンスターが必要なので、多くの面でそれがデメリットとして響くことはない。
 落とし穴に属している点も上記のカードが優先されるため、利点となりにくい。

 総じてこちらが勝る状況はペンデュラム召喚手札から1500未満のモンスターが大量展開される場合とかなり限定される。
 加えて、最大5000のライフロスは覚悟せねばならず、ライフ初期値から《神の宣告》を使う場合よりも消費が上になってしまう。
 戻す枚数は選べないため、先にあちらを発動してしまうと、このカード発動できなくなることもありえる。
 ペンデュラム召喚する相手も限られる分、活用できる状況も限定されてしまう。

 《奈落の落とし穴》と比較して攻撃力制限がなく、破壊耐性持ちへの除去として機能するため、通常は1000のライフロス手札エクストラデッキからの展開を防ぐカードとして用いるのが良いか。
 ペンデュラム召喚への牽制としての機能も失わない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分ライフが1000の場合、2体以上のモンスター特殊召喚された時にこのカード発動できますか?
A:発動できます。
  なお、この効果で2体以上を戻した場合、ライフポイントを2000以上失いデュエルに敗北します。(17/02/22)


Tag: 《時空の落とし穴》 通常罠 落とし穴

広告