自爆(じばく)スイッチ/Self-Destruct Button》

通常罠
自分のライフポイントが相手より7000ポイント以上少ない時に発動する事ができる。
お互いのライフポイントは0になる。

 暗黒の侵略者で登場した通常罠
 自らの意思でデュエル引き分けに持ち込める特殊な効果を持つ。

 普通にデュエルしていてもライフポイントに7000もの差がつくことは滅多になく、ついたとしてもそのまま勝負が決まってしまう事が多い。
 そこで、《光の護封壁》《究極・背水の陣》といった意図的に自分ライフポイントを調整できるカードを使う必要がある。
 やや速度は落ちるが、相手ライフポイント回復する《ギフトカード》でも同様の事ができる。

 一戦目で勝利した後に、このカードで二戦目・三戦目を引き分けにすれば、そのままマッチ勝利となる。
 最初からこのカードの発動を想定してデュエルを進めれば、相手サイドデッキの対策カードの大半は無駄になるだろう。
 ただし、上記のようなコンボが必要になるため、狙ったタイミングでの発動は難しい。
 また、罠カードである性質上、その発動自体を封じられる可能性も高い。
 フィールドに存在する《神光の宣告者》《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》に対しては各種除去カードを使えば良いが、手札から発動される《紫光の宣告者》は対処しづらい。
 《ご隠居の猛毒薬》等をチェーンされる事で、残り少ないライフポイントを先に0にされる可能性もある。
 引き分けではあるが勝負を決めるカードには違いないので、確実に発動できる状況を整えたい。
 発動条件を満たした後、何らかの方法でこのカード相手に見せてから《友情 YU−JYO》発動することで、半ば強引に相手に握手を迫るコンボもある。

  • 漫画・アニメにおいてはライフが0になってもデュエルが続行できるカードが時折登場しているのだが、それらのカードOCG化された際にいずれも効果が変更になっている。
    ルール上の問題に加えて、このカードとのコンボで勝利できてしまう点も問題視されているのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動チェーンして《ご隠居の猛毒薬》等で自分ライフ回復した場合、デュエルに勝利できますか?
A:いいえ、できません。
  この場合、このカードの効果チェーン1、《ご隠居の猛毒薬》効果チェーン2に乗せた逆順処理になります。
  この結果、《ご隠居の猛毒薬》効果ライフ回復した後、このカードの効果ライフが0になって引き分けとなります。

Q:では、逆に《ご隠居の猛毒薬》等にチェーンしてこのカード発動させた場合、デュエルに勝利できますか?
A:いいえ、できません。
  ライフポイントが0になった時点でデュエルが終了しますので、引き分けになります。

Q:このカードの発動チェーンして《地獄の扉越し銃》《痛魂の呪術》《黒板消しの罠》等を発動できますか?
A:いいえ、ダメージを与える効果ではないのでできません。


Tag: 《自爆スイッチ》 通常罠

広告