修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ/Gendo the Ascetic Monk》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 300/守1800
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの表側攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(2):守備表示のこのカードはカードの効果の対象にならず、効果では破壊されない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 表側攻撃表示でのモンスター効果の発動を封じる永続効果表側守備表示効果対象効果破壊への耐性を得る永続効果を持つ。

 モンスター表側守備表示通常召喚できないため、このカードの影響を受けない状態で出すには、特殊召喚を絡めるか《聖なる輝き》を使わなければならない。
 さらに表側守備表示の状態では効果の対象にならず効果破壊もされないので、デッキによっては突破が困難となる。
 仮に表側守備表示のこのカード効果除去しようとする場合、対象を取らない破壊以外の魔法・罠カードによる除去で対処するのが堅実的だろう。

 とはいえ、ペンデュラム召喚表側守備表示特殊召喚されたり、フィールドではない手札誘発発動を必要としない永続効果等はそのまま利用されてしまう。
 他にも、守備力がやや心もとないので容易に戦闘破壊される可能性があり、使用する場合にはこれらの穴をどう埋めるかが問題となるだろう。

 守備表示にできないリンクモンスターに対しては効果的で、動きを大きく制限できる。

 魔法使い族なので《魔法族の里》と組み合わせることでより強力なロックを形成できる。
 【魔法族の里】で使われるモンスター対策には《昇霊術師 ジョウゲン》も存在するが、対応範囲が異なるので一概に優劣は決めにくい。
 なお併用することでそれぞれの抜け道となる守備表示での特殊召喚攻撃表示での通常召喚を互いに補うことができ、布陣をより強力なものにできる。
 他には《同胞の絆》を採用するタイプの【氷結界】でも採用できる。
 ロックを形成するカード自体はレベル2〜3が多いのだが、このカードを採用する事により《同胞の絆》発動できる組み合わせを増やしつつ、表側守備表示で出せるという点や、単純に水属性魔法使い族でサポートを共有できる点がある。

  • 名前の由来は、日本における曹洞宗の開祖「道元」と思われる。
    また、「修禅」とはその名の通り坐禅を修めることを意味する。
    曹洞宗は坐禅に徹することを特徴とする為、そこから名付けられたのだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手フィールドにこのカードが存在しており、相手発動した《サイクロン》チェーンして自分対象となった《リビングデッドの呼び声》発動し、《星因士 アルタイル》特殊召喚しました。
  《星因士 アルタイル》誘発効果発動可能なタイミングには《星因士 アルタイル》はすでにフィールドに存在しませんが、このカードの効果によって誘発効果発動できなくなりますか?
A:《星因士 アルタイル》効果発動できます。(16/01/18)


Tag: 《修禅僧 ゲンドウ》 モンスター 効果モンスター 星4 水属性 魔法使い族 攻300 守1800

広告