終焉(しゅうえん)指名者(しめいしゃ)/Armageddon Designator》

通常罠
手札を1枚ゲームから除外して発動できる。
お互いのプレイヤーはこのデュエル中、
このカードを発動するために除外したカード及びその同名カードの効果を発動できない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した通常罠
 コストにより除外したカード及び同名カード発動デュエル中封じる効果を持つ。

 1つ目の用途は、相手キーカード除外して使う《禁止令》のような使い方である。
 発動に成功すればいかなる方法でも解除することができず、効果の発動も防ぐため、ロック強度は《禁止令》よりはるかに高い。
 しかし、手札コスト込みで2枚のディスアドバンテージを負う上、相手キーカード自分デッキに投入しておかなければならない。
 更に、封じたカード自分発動できなくなるため、デメリットはかなり大きい。

 また、封じるのは効果発動のみであるため、モンスターの場合は召喚攻撃永続効果は封じることができない。
 手札に加えられないエクストラデッキカードはそもそも封じることすらできない。
 よって実質的に魔法・罠カード以外への対応は大きく制限されている。
 いずれにせよ、ロック強度は高いもののリスクがあまりにも大きく、実戦的なカードとは言いがたい。
 一応《エクスチェンジ》《墓荒らし》などで相手カード自分手札に持って来れば自分がデメリットを受ける事はなくなるが、ネタの域は出ないだろう。

 2つ目の用途は自分モンスターデメリット効果を打ち消すというもの。
 上記の通りこのカード発動のみを封じるため、モンスター召喚特殊召喚攻撃ルール効果永続効果適用は問題なく行える。
 このため、発動を伴うデメリット効果と、発動を伴わないメリット効果を持つモンスター除外すれば、そのデュエルデメリット効果発動させずメリットのみを甘受できる。
 例えば、《オベリスクの巨神兵》除外して《D・D・R》帰還させれば、特殊召喚しても自壊しない《オベリスクの巨神兵》を扱うことが可能。
 このカードサーチ手段が乏しいためこちらもネタデッキの範疇は出ないが、相手が驚くことは請け合いである。

関連カード

―指名者と名のついたカードについては《闇の指名者》を参照。

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動する際に《毒蛇神ヴェノミナーガ》除外した場合、《毒蛇神ヴェノミナーガ》ハイパーヴェノムカウンターを乗せる誘発効果発動しますか?
A:いいえ、その場合でも発動しません。(15/04/11)


Tag: 《終焉の指名者》 通常罠

広告