十二獣(じゅうにしし)ライカ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×2体以上
「十二獣ライカ」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、X召喚の素材にできない。

 マキシマム・クライシスで登場した地属性獣戦士族エクシーズモンスター
 十二獣エクシーズモンスターの共通能力に加え、十二獣蘇生する起動効果を持つ。

 十二獣エクシーズモンスターの共通能力である召喚条件と(1)の効果については《十二獣ブルホーン》を参照。
 正規のエクシーズ素材は2体以上と《十二獣ブルホーン》と並び少なく、通常のエクシーズ召喚もしやすい。
 必要に応じて3体以上を素材としてエクシーズ召喚することも可能。

 固有効果十二獣蘇生
 ただし、蘇生させたターン効果無効になりエクシーズ召喚にも使用不可能と厳しい制約がつく。
 考えなしに蘇生しても次の相手ターンで倒されるだけなので、活用には以下のような工夫が必要となる。

  1. 蘇生した十二獣と《十二獣ライカ》を素材に《ミセス・レディエント》等のリンク召喚を行う。
    エクストラデッキから特殊召喚できる場所が増やせるだけでなく、攻守0で棒立ちなっている《十二獣ライカ》を安全にエクストラモンスターゾーンから退かすこともできる。
  2. 《十二獣ラム》《十二獣ラビーナ》蘇生し、他のカード破壊する。
    効果無効化は墓地には及ばないので、破壊された場合に発動する《十二獣ラム》蘇生効果《十二獣ラビーナ》サルベージ効果は問題なく使用できる。
  3. 《十二獣ヴァイパー》を蘇生し、効果相手ターンに使う。
    効果無効化は蘇生ターン終了時に切れるため、相手ターン効果発動できる《十二獣ヴァイパー》ならその後に効果を使用可能。
  4. 相手ターンに有効な効果を持つエクシーズモンスター蘇生し、《十二獣タイグリス》エクシーズ素材を付与する。
    特に《十二獣ハマーコング》との相性がよく、エンドフェイズエクシーズ素材を取り除く処理がこのカードの制約により無効となる。
    相手ターンには効果が復活するため、次のターン耐性効果を問題なく適用できる。

 その他、シンクロ素材エクシーズ素材リリース等にも使用可能。
 【十二獣】は幅広いデッキとの混成が可能なので、デッキタイプ次第で様々な活用が可能な効果である。
 特に【真竜】との混成型では、蘇生した《十二獣ラム》《ドラゴニックD》《真竜皇リトスアジムD》破壊して双方の効果発動させるという強いシナジーが見込める。

  • モチーフは十二支の戌。
    ライカはロシア出身の犬の品種であり、「ウエスト・シベリアン・ライカ」など更に幾つかの種類がある。
    またソ連の人工衛星「スプートニク1号」に載せられ、世界で初めて地球を周回した生物となった犬の名も「ライカ」である。
    なおこの宇宙犬ライカは元野良犬で系統不明であり、犬種としてのライカに属していたかは定かではない。
    また宇宙犬ライカはこのモンスターと同様にメスであった。

関連カード

―《十二獣ライカ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《十二獣ライカ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 地属性 獣戦士族 攻? 守? 十二獣

広告