重装甲列車(じゅうそうこうれっしゃ)アイアン・ヴォルフ/Heavy Armored Train Ironwolf》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/機械族/攻2200/守2200
機械族レベル4モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

 レイジング・テンペストで登場した地属性機械族エクシーズモンスター
 機械族直接攻撃能力を付与する起動効果相手によって破壊され墓地へ送られた場合に機械族レベルモンスターサーチする誘発効果を持つ。

 (1)の効果自分フィールド機械族モンスター直接攻撃能力を付与し、自身に付与すれば2200の直接攻撃が可能になる。
 しかし、ランク4で同様に直接攻撃できるモンスターには《No.82 ハートランドラコ》がおり、あちらの攻撃力もほぼ同じ。
 また、相手に与えるダメージに関しても《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は単体でこちらより高いダメージを与えられることが多く、他のモンスターでの攻撃も可能である。
 他の機械族にも使える点や、《リミッター解除》を始めとした機械族サポートなどで差別化したい。
 元々デメリットが共通している《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》とは相性が良く《リミッター解除》《巨大化》を利用する事で1ターンキル相当の戦闘ダメージを与えられる。

 エクシーズ召喚手段としては《ブリキンギョ》《アイアンコール》が比較的デッキを選ばずに採用しやすいだろう。
 【古代の機械】ならレベル4の機械族を2体並べることは難しくなく、《歯車街》効果《古代の機械熱核竜》《古代の機械巨竜》などの高攻撃力モンスターを出しやすいので3000以上のダメージを期待しやすい。
 破壊力を求めるなら、《キメラテック・ランページ・ドラゴン》《パワー・ボンド》融合召喚できれば、直接攻撃の連打により1ターンキル圏内を優に望める。
 いずれにせよ、相手モンスターを残すなら他のエクシーズモンスターで良いため、できる限りフィニッシャーになり得る時に出したい。

 (2)の効果相手によって破壊され、墓地へ送られた場合にレベル4の機械族モンスターサーチを行う効果
 しかし、相手依存で能動的な発動ができず、バウンス除外には対応していないため、発動させてもらえない可能性が高い。
 そのため、サーチ目的なら同じ素材で出せる上に即効性があり、サーチできる範囲がこちらよりも広い《ギアギガント X》の方が良い。
 そもそも、(1)の効果の都合上、このカードを出すのは主にフィニッシャー時のため、その時はサーチはほとんど必要なく、効果自体も噛み合ってない。
 よって、基本的にこのカードは(1)の効果を主軸とし、(2)の効果はオマケ程度に考えておくのがよいだろう。

  • 「アイアン(Iron)」は英語で「鉄」を、「ヴォルフ(Wolf)」はドイツ語で「狼」を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《重装甲列車アイアン・ヴォルフ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 地属性 機械族 攻2200 守2200

広告