銃砲撃(ガン・キャノン・ショット)/Proton Blast》

永続罠
(1):1ターンに1度、コイントスを行う効果が発動した場合、
その効果で表が出た数によって以下の効果を適用する。
●1回以上:相手に500ダメージを与える。
●2回以上:相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●3回以上:相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで捨てる。
(2):コイントスを2回以上行う効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのコイントスの結果を全て表が出たものとして扱う。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した永続罠
 コイントスの判定によってバーン除去ハンデスを行う効果と、特定のコイントスの結果を全て表が出たことにする効果を持つ。

 (1)は1回のコイントスで出た表の数を参照し、適用する効果
 「1回以上の効果」のバーンは微弱であるため、1度に3回のコイントスを行うカードと併用し、「2回以上」の効果を狙いたい。
 1度に3回のコイントスを行うのであれば、2回以上表が出るのは50%なのでアドバンテージを得やすい。
 さらに3回以上表が出れば禁止カード《押収》と同じ効果も得られる。
 同名カードを事前に墓地に送っておき、(2)の効果でサポートすれば確実。
 ただし、罠カードゆえに即効性が無いのが難点であり、コイントス自分ターンに行う場合が多く、効果を使用する前に除去される危険もつきまとう。

 (2)は、2回以上のコイントスの結果を全て表になった事にする効果
 《セカンド・チャンス》と違って使い捨てだが、代わりに必ず成功扱いにできる。
 《ラッキーパンチ》など、3回のコイントスが全て表なら大きなアドバンテージを得られるカードも多く、そのサポートとして優れる。

 同パック収録の《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》との相性は抜群で、相手ターンでも(1)の効果が利用できるので罠カードである点が問題になりづらく、(2)の効果と併用すれば大きなアドバンテージが得られる。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作における《リボルバー・ドラゴン》攻撃名が「ガン・キャノンショット」である。
    原作漫画においては攻撃名はカタカナで統一され、キャノンとショットの間に中点がなく、「銃砲撃」という表記は用いられていない。
    しかし、「銃砲(ガン・キャノン)」という呼称自体は原作においても何度か使われており、それがカード名の由来になっていると思われる。

関連カード

イラスト関連

コイントスを2回行うチェーンブロックを作る効果

コイントスを3回行うチェーンブロックを作る効果

収録パック等


Tag: 《銃砲撃》 永続罠

広告