巡死神(ピルグリム)リーパー/Pilgrim Reaper》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/アンデット族/攻   ?/守   ?
レベル6モンスター×2
「巡死神リーパー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
お互いの墓地の闇属性モンスターの数×200アップする。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

 ジャンプフェスタ2014 プロモーションカードで登場した闇属性アンデット族エクシーズモンスター
 攻撃力守備力お互い墓地闇属性モンスターの数×200アップする永続効果エクシーズ素材を取り除くことでお互いデッキの上からカードを5枚墓地へ送る起動効果を持つ。

 ランク6としては攻守が定まっておらず安定しない上に、その上昇幅も墓地闇属性1体につき200と物足りない。
 同ランク・同属性・同種族には安定した打点と優秀な除去コントロール奪取効果を持つ《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》が存在しており、殆どの状況であちらが優先される。
 他種族の同ランクに目を向ければ更に多様な選択肢が存在するので、このカードを採用する場合は(2)の効果を存分に活かせる構築にするしかないだろう。

 自分への墓地肥やし要員として見た場合、ランク6という重さ相手にも墓地アドバンテージを与える点がネックとなる。
 更に、同ランクには同じ素材で出せ、且つピンポイントで墓地肥やしを行える《永遠の淑女 ベアトリーチェ》が存在する。
 枚数でこそ上回るもののあちらを凌ぐ程のメリットとは言えず、この用途での採用は難しい。

 種族を活かした【アンデットデッキデス】ならば採用候補となり得る。
 アンデット族モンスターでは《冥界の麗人イゾルデ》効果を使用したり、《地獄の門番イル・ブラッド》2体でエクシーズ召喚が可能である。
 《精気を吸う骨の塔》自分フィールドに存在すればエクシーズ素材とこのカード自身の特殊召喚を含めて、10枚近くのカード墓地へ送ることができる。
 《アンデットワールド》発動していれば、更にその枚数を増やすことは可能である。

  • カード名の由来となっているのは「ピルグリム」+「グリムリーパー」であると思われる。
    「ピルグリム(Pilgrim)」とは「巡礼者」「放浪者」「修験者」を意味する名詞であり、「グリムリーパー(Grim Reaper)」とは英語圏において「死」を擬人化した、いわゆる死神に近いイメージの伝承で語られる存在である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:片方のプレイヤーデッキの枚数が5枚未満の時にデッキカード墓地へ送る効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/12/21)


Tag: 《巡死神リーパー》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク6 闇属性 アンデット族 攻? 守?

広告