森羅(しんら)(わた)(もり) ロータス/Sylvan Lotuswain》

効果モンスター
星5/水属性/植物族/攻2300/守1000
1ターンに1度、相手フィールド上のカードの数だけ、
自分のデッキの上からカードをめくる事ができる。
めくったカードの中に植物族モンスターがあった場合、
それらのモンスターを全て墓地へ送る。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
また、デッキのこのカードがカードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、
「森羅の渡し守 ロータス」以外の自分の墓地の
「森羅」と名のついたカードを5枚まで選択し、
好きな順番でデッキの下に戻す事ができる。

 PRIMAL ORIGINで登場した水属性植物族上級モンスター
 デッキをめくり植物族なら墓地へ送る起動効果と、森羅デッキに戻す誘発効果を持つ。

 相手フィールドカードが多いほどめくる枚数が増えるが、枚数が相手依存の上、多くの枚数をめくれる状況はほとんど劣勢時である。
 そのような状況で、このカードの効果が使える可能性は低く、上級モンスターで展開に手間がかかるにも関わらずステータスも高くない。
 《森羅の番人 オーク》《森羅の影胞子 ストール》などの方が安定してめくれることが多いだろう。
 《ブラック・ガーデン》効果相手フィールドトークンを展開する場合はこの効果を活かしやすくなる。

 めくられた時の効果は、墓地森羅対象発動デッキ戻し再利用するもの。
 《森羅の番人 オーク》《森羅の花卉士 ナルサス》のようにアドバンテージは取れないが、デッキに残しておきたいカードが多く、長期戦になるとモンスターの枯渇が起こることも多い【森羅】ではある程度有用な効果である。
 ただしデッキボトムに送られてしまうため、利用するには更に《ローンファイア・ブロッサム》などデッキを参照する効果を使用してシャッフルを行ったり、《天変地異》でひっくり返したりする必要はある。

 それぞれの効果、特に後半の効果は活用の余地があるものではあるが、問題点となるのがステータス
 最大の問題がレベル5であることで、手札腐る上に【森羅】で使われるカードとのシナジーがほとんどない。
 【森羅】なら特殊召喚は難しくないのだが、ステータスレベル相応でしかないため《森羅の仙樹 レギア》より旨味のある状況が限られる。
 これらの点も踏まえると、優先順位は低くなりがちなカードである。

  • ロータスは英語でハスとスイレンを指す単語。
    イラストでは、ハスの花を腰に飾ったモンスターがハスの葉を船に見立て櫂を操っている。
    ハスの中でもイラストの葉に似ているオオオニバスは特に巨大であり、葉に子供が乗っても沈まない事で有名である。
    • 英語名は、「lotus(蓮)+swain(田舎者)」だろう。

関連カード

イラスト関連

―《森羅の渡し守 ロータス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:後半の効果の対象にした森羅のうち1枚が効果解決時墓地に存在しなかった場合、他の森羅デッキに戻すことはできますか?
A:選択したカードのうち、1枚が墓地に存在しなくなっている場合でも、残りの選択したカードデッキの下に戻します。(14/02/15)

Q:めくる枚数はどのタイミングで決まりますか?
A:効果解決時です。チェーン処理の結果発動時より枚数が減っていた場合、減った枚数分めくります。(14/02/16)


Tag: 《森羅の渡し守 ロータス》 効果モンスター モンスター 星5 水属性 植物族 攻2300 守1000 森羅

広告