真紅眼(レッドアイズ)凶星竜(きょうせいりゅう)−メテオ・ドラゴン/Meteor Dragon Red-Eyes Impact》

デュアル・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守2000
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドの「レッドアイズ」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性ドラゴン族上級デュアルモンスター
 再度召喚すると、他のレッドアイズモンスター破壊耐性を与える永続効果を得る。

 効果により、維持することでアドバンテージを得られる《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《真紅眼の鋼炎竜》耐性を付与できる。
 ただし、自身には適用されず、ステータス下級モンスタークラスなので戦闘破壊されやすく、即効性に欠けるため罠カード等に対する隙も大きい。
 一応、このカードを2体並べればそれぞれに耐性適用できるが、バウンス除外に無力である上に、召喚権を多く使うため安定はしない。
 レッドアイズ《黒鋼竜》装備する事で手軽に戦闘破壊を抑制することもできるので、【真紅眼の黒竜】においても専ら融合素材として使用されることになるだろう。

 レッドアイズデュアルであるため、豊富なレッドアイズサポートカードに加え、通常モンスターサポートカードにも対応する。
 レベル属性《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》と一緒だが、《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》を使用する場合にはこちらが優先されるか。
 ただし、《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》融合素材レベルドラゴン族と広いため、必ずしもこのカードを採用する必要はない。
 《化合電界》などデュアルサポートカードを採用する場合は、他のレッドアイズデュアルと合わせて採用するのもいいだろう。

  • カード名に「真紅眼の○○」を含む場合、「の○○」に相当する部分には慣例的に英語(カタカナ)読みが当てられているが、このカードだけは「のきょうせいりゅう」と日本語になっている。
    カード名の読み仮名に平仮名を含むレッドアイズとしても初のカードだが、そちらにはその後《鎖付き真紅眼牙》が現れて唯一ではなくなった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《真紅眼の凶星竜−メテオ・ドラゴン》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻1800 守2000 レッドアイズ

広告