真紅眼の凶雷皇(レッドアイズ・ライトニング・ロード)−エビル・デーモン/Red-Eyes Archfiend of Lightning》

デュアル・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守1200
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力より低い守備力を持つ、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した闇属性悪魔族上級デュアルモンスター
 デュアル共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で自身の攻撃力より低い守備力を持つ相手モンスターを全て破壊する起動効果を得る。

 種族属性に加え、レッドアイズデーモンカード名を持つデュアルモンスターであるためサポートカードが非常に豊富。
 《伝説の黒石》で容易にリクルートでき、墓地では通常モンスターなので《思い出のブランコ》でも蘇生できる。
 デッキから直接《悪魔の嘆き》墓地へも送れるため、基本的に蘇生に繋げやすい。

 再度召喚後に得られる効果は、守備力を参照する全体除去
 自身の攻撃力2500を超える守備力を持つモンスターは少ないので、除去できる範囲は広い。
 何らかの強化カード攻撃力を上げれば更に除去範囲は増すことになり、その後の直接攻撃による戦闘ダメージも増すため相性が良い。
 ただ、守備力を持たないリンクモンスターはどうやっても破壊できない点には注意。

 上記の様になかなか悪くない性能なのだが、《真紅眼融合》《紅玉の宝札》に対応していないため、【真紅眼の黒竜】では微妙に使い勝手が悪い。
 一応《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》効果によるバーンダメージの最大値を出せるが、デッキ融合のためには他のデーモンも採用しなければならない。
 このため、レッドアイズの一員ではあるものの、ピン挿しになるか、ある程度の専用構築が求められやすい。

 【デーモン】では《伏魔殿−悪魔の迷宮−》攻撃力の上昇が見込めるため、上述の通り除去範囲を広げつつアタッカーとして活用できる。
 これら以外では、《スーペルヴィス》を投入する【デュアル】で、貴重なモンスター全体除去要員として採用し得るか。

 《龍の鏡》を使用すれば、このカード2枚で《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》《始祖竜ワイアーム》《超合魔獣ラプテノス》融合召喚が可能である。
 《ダーク・コーリング》《E−HERO マリシャス・デビル》《E−HERO ダーク・ガイア》融合素材として活用する手もある。

関連カード

攻撃力守備力を参照したモンスター除去

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》 モンスター 星6 闇属性 悪魔族 デュアルモンスター 効果モンスター 攻2500 守1200 レッドアイズ デーモン

広告