真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン)

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守 700
(1):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚し、
墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
(2):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場する闇属性ドラゴン族下級モンスター
 戦闘破壊された時にレッドアイズリクルート装備カードとなる効果装備カードとなった自身が墓地へ送られた場合にレベルドラゴン族手札加える効果を持つ。

 (1)は戦闘破壊された時にレベル7以下のレッドアイズリクルートし、このカード攻撃力300アップの装備カード扱いとして装備する効果
 効果による除去や、戦闘中の効果発動封じ、除外など弱点は多いため、自爆特攻によるリクルートを積極的に狙っても良いだろう。
 《真紅眼の黒竜》でも攻撃力2700、《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》ならば攻撃力2800となり、追撃を行える。
 また、同名カードリクルートでき、回数制限もないため、として4回までの攻撃を受けることもできる。

 (2)は装備カードの状態から墓地へ送られた場合にデッキ墓地からドラゴン族レベルモンスター1体を手札加える効果
 レッドアイズサポートカードである《伝説の黒石》《黒鋼竜》サーチサルベージできる。
 しかし後述の通り、装備モンスター戦闘効果破壊された際などには効果発動しない点に注意したい。
 墓地へ送る手段としては《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》が有効だが、【真紅眼の黒竜】での運用が可能な《巨神竜の遺跡》も検討できるだろう。
 構築によっては《ダブル・サイクロン》《砂塵の大嵐》を使用するのも良い。

 どちらの効果発動条件がやや厳しく、レッドアイズ専用リクルーターとしては、戦闘を要さない《伝説の黒石》の方が扱いやすい。
 また、現在のところ、(2)の効果を活用できるレッドアイズ《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》しかないのも難点である。
 そのため、下記の《真紅眼の鉄騎士−ギア・フリード》とのコンボが主な用途になるだろう。

関連カード

―(1)の効果リクルート可能なレベル7以下のレッドアイズモンスター《伝説の黒石》を参照。

(2)の効果サーチサルベージ可能なドラゴン族レベルモンスター

通常モンスター

効果モンスター

収録パック等


Tag: 《真紅眼の幼竜》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 ドラゴン族 攻1200 守700 レッドアイズ

広告