人喰(ひとく)(ムシ)/Man-Eater Bug》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 450/守 600
リバース:フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 Vol.3で登場した地属性昆虫族下級リバースモンスター
 リバースした場合にフィールド上のモンスター破壊する誘発効果を持つ。
 後発の上位種として《使徒喰い虫》が存在している。

 モンスター以外も破壊でき、墓地肥やしもこなせる《ライトロード・ハンター ライコウ》守備力が高く生存しやすい《スノーマンイーター》など、より扱いやすいモンスターは数多く存在している。
 一応昆虫族除去効果は貴重ではあるが、昆虫族の特徴であるリクルーターと相性が悪い点が痛い。

 とはいえ《ゴキポン》《ダニポン》サーチ可能であり、《大樹海》があればこのカードから《ゴキポン》《ダニポン》サーチできる。
 「モンスターによる効果破壊」という点で見れば一定の価値はあるので、レベル2の昆虫族を多めに投入するデッキならば、《大樹海》サーチ先やトリガーとしての選択肢となりうる。
 種族を統一する【昆虫族】ならば使いきりのモンスター除去《デビルドーザー》コストとなる。

 後に、同じレベル2・地属性昆虫族リバースモンスターで、同様にモンスター除去効果を持つ《クローラー・スパイン》が登場した。
 あちらは除去任意効果である上に展開効果を持ち、さらにクローラーカテゴリサポートに対応し、守備力も高いため、このカード上位互換と言える。
 攻撃力はこちらがわずかに高いが、どちらにせよ戦闘に耐え得るステータスではないため、優位点とは言えない。
 《ダニポン》によるサーチに対応している点を活かせなければ差別化は難しい。

  • 「食い」ではなく、「喰い」である。
    発音の関係上、宣言する際は問題ないが、検索などを行う時には注意したい。
  • かつて遊戯王の流行がニュース番組で取り上げられた際、キャスターが1つだけ購入したパックのスーパーレアがこのカードだった。
    当時の必須カードであり大当たりなのだが、OCGのゲームシステムを知らないためか「弱いカードですね」と残念そうにしていた。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナルの「闇遊戯vs闇獏良」戦で闇獏良が使用。
    効果で遊戯の仲間を一人破壊しようとした。
    しかし、《昇天の角笛》により、《炎の剣士》である城之内と共に破壊された。
    その後、バクラが闇のゲームによって実体化させ、実際に人を喰らった。
    「デュエルモンスターズクエスト」編にも登場。
    城之内の《魔導騎士ギルティア》を不意打ちで破壊した。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「両手の巨大バサミで相手をバサバサと切り むしゃむしゃ食べる」と書かれている。
    真DM2では、戦闘リバースした際にその敵を一方的に破壊するという効果を持っていた。
    使いやすい効果のため、どんなデッキにも投入できるモンスターだった。
    フォルスバウンドキングダムでも登場しているが、特にリバース効果等がないこのゲームでは、超必殺技も持たないあまり使えないモンスターであった。
    攻撃名は「ミンチ・シェイカー」。
    ミンチ(Mince)とはひき肉のことだが、ひき肉のようにすりつぶしたり非常に細かく切ったりすることも指すことがある。
    「バサバサと切る」らしいが、意外と細かく切るようだ。

関連カード

リバース時に単体除去を行うモンスター

―《人喰い虫》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《人喰い虫》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 昆虫族 攻450 守600

広告