星屑(ほしくず)のきらめき/Stardust Shimmer》

通常魔法
自分の墓地に存在するドラゴン族のシンクロモンスター1体を選択して発動する。
そのモンスターのレベルと同じレベルになるように、
選択したモンスター以外の自分の墓地に存在するモンスターをゲームから除外し、
選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した通常魔法
 自分墓地モンスター除外して、合計レベルが等しい自分ドラゴン族シンクロモンスター蘇生させる。

 蘇生可能なシンクロモンスターは必ず一度はシンクロ召喚されているため、レベルを合わせて除外するという作業もさほど難しいものではない。
 《スクラップ・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン》をはじめドラゴン族シンクロモンスターには強力なものが多く、墓地アドバンテージの損失だけで蘇生できるのは心強い。
 蘇生したモンスターに課せられるデメリットもなく完全蘇生であるため非常に扱いやすく、攻めにも守りにも使える汎用性を秘めたカードである。

 効果の関係上、エクストラデッキシンクロモンスタードラゴン族を多く採用したい。
 シンクロ召喚する際にもドラゴン族シンクロモンスターを優先したほうが良いだろう。

 ドラゴン族シンクロモンスターを使い、墓地を肥やしを肥やしていくデッキとしては、【スクラップ】【ドラグニティ】があげられる。
 どちらも墓地アドバンテージを重視するデッキであるため、このカード除外するのは痛いが、《スクラップ・スコール》《竜の渓谷》等で補いたい。
 また、《ブラック・ローズ・ドラゴン》を軸としたデッキならば、フィールドを一掃した後に蘇生し、ダイレクトアタックを決められる。
 墓地を肥やすデッキではないが、《サイコ・フィール・ゾーン》を容易に組み込める【PSYフレーム】でも検討は出来るか。
 《サイコ・フィール・ゾーン》で消費した墓地アドバンテージを戻すのと、このカード墓地除外するのが噛み合っている為、シナジーが見込める。

 チューナーモンスターの数は一切指定していないため、高レベルモンスターが利用できる。
 《トラゴエディア》1枚を除外《シューティング・スター・ドラゴン》蘇生したり、墓地に2枚あれば同名モンスター除外することも可能。

 反対に《デブリ・ドラゴン》を採用したデッキとは墓地アドバンテージの関係上、あまり相性が良いとは言えない。
 綿毛トークン等を絡めてシンクロ召喚した場合は、ドラゴン族シンクロモンスター墓地モンスターレベルが合わないことも多い。
 蘇生させたいドラゴン族シンクロモンスターレベル7・8であれば、《復活の福音》を使うことで墓地アドバンテージを失わずに済む。
 【ドラゴン族】でも採用が検討できるが、ドラゴン族シンクロモンスター《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生可能なため、このカードを採用する意義は薄い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:モンスター除外する行為はコストですか?
A:いいえ、効果になり除外するモンスターを選択するタイミングも効果解決時になります。(10/11/13)

Q:除外特殊召喚は同時扱いですか?
A:はい、同時に処理を行います。(13/02/27)

Q:選択したシンクロモンスター効果解決時墓地に存在しない場合、どのような処理を行いますか?
A:モンスター除外する処理が行われずに効果が終了します。(10/11/13)

Q:選択したシンクロモンスターレベルと、それ以外のモンスターレベルを一致させる組み合わせが効果解決時に存在しない場合、どのような処理を行いますか?
A:モンスター除外する処理が行われずに効果が終了します。(10/11/14)


Tag: 《星屑のきらめき》 魔法 通常魔法

広告