星杯戦士(せいはいせんし)ニンギルス》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:左/上/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にリンク先星杯モンスターの数だけドローできる誘発効果お互いフィールドからカード1枚ずつ選んで墓地へ送る起動効果フィールドから墓地へ送られた場合に手札から星杯モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 リンク素材にはリンクモンスター2体以上が指定されているが、星杯デッキならば以下の方法でリンク召喚できる。

  1. 《星杯竜イムドゥーク》を経由して《星杯剣士アウラム》リンク召喚
  2. 《星杯竜イムドゥーク》効果星杯モンスターAを特殊召喚
  3. 《星杯剣士アウラム》星杯モンスターAをリリースし、《星杯竜イムドゥーク》蘇生

 この方法では《星杯戦士ニンギルス》をエクストラモンスターゾーンに置く事になってしまい、リンクマーカーを活かせない。
 事前に《リンク・スパイダー》や別の《星杯剣士アウラム》エクストラモンスターゾーンに置いておくなどの工夫をしたい。

 (1)はリンク召喚に成功した場合にリンク先星杯の数だけドローする効果
 リンクマーカーは左右と上であり、メインモンスターゾーンに出さなければ基本的に効果は使用できないと考えていい。
 星杯リンクモンスター2体を素材にこのモンスターリンク召喚を行ったならば、素材となった星杯リンクモンスター効果を利用することで2枚のドローまでは容易に行う事ができる。(後述)
 3枚のドローを狙うにはエクストラモンスターゾーン星杯モンスターを先に置き、その真下にこのモンスターリンク召喚する必要がある。
 ただし、星杯には下方向のリンクマーカーを持つカードがないので、エクストラモンスターゾーンの真下にこのモンスターリンク召喚するためには《星杯神楽イヴ》メインモンスターゾーンに置かなければならず、難易度はかなり高い。

 (2)は自分相手カードを選んで墓地へ送る効果
 自分の不要なカード相手カード1:1交換が可能。
 対象を取らず破壊もしないので効果を受けない以外の耐性を突破できる。
 星杯リンクモンスターを選べば墓地へ送られた場合の効果を使える。

 (3)は星杯リンクモンスター共通の効果
 主な使用法は《星杯剣士アウラム》を参照。

  • 「ニンギルス」とは、シュメール神話の神の一柱。
    古代メソポタミアの都市ラガシュの王都ギルスの守護神で、その名は「ギルスの王」を意味する。
    またラガシュの都市神でもあった。
    戦いの神、農耕神としての性格を持ち、戦いの神としての力は洪水に例えられる。
    • ニンギルスはメソポタミア神話の神であるニヌルタと同一の神とされている。
      ニヌルタは元来大地の神であり、このカード地属性なのはそれにちなんでいるのかもしれない。
    • 同じくシュメール神話に登場する嵐の鳥アンズーが使いであるとされる。

関連カード

―《星杯戦士ニンギルス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星杯戦士ニンギルス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 戦士族 攻2500 星杯

広告