精霊術師(エレメンタルマスター) ドリアード/Elemental Mistress Doriado》

儀式・効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1200/守1400
「ドリアードの祈り」により降臨。
このカードの属性は「風」「水」「炎」「地」としても扱う。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した光属性魔法使い族儀式モンスター
 第1期に登場した《ドリアード》儀式モンスターとしてリメイクされたカード
 自身を風属性水属性炎属性地属性としても扱う永続効果を持つ。
 元々が光属性なので、実質闇属性神属性以外の全ての属性を持つモンスターとなる。

 儀式モンスターにも関わらず、ステータスがかなり貧弱。
 普通に儀式召喚した場合、儀式魔法リリース・このカードで3枚分の消費となる。
 このモンスター1枚で《風林火山》発動条件を満たせるなどコンボは存在するものの、出すまでに基本的には最低3枚を使うため単体での貧弱さはやはり補いにくい。
 一応、《儀式の準備》に対応し、サーチを行った《マンジュ・ゴッド》儀式魔人を単体で使用できるため実際のカード消費は大きく減らせる。

 効果自体は、各種エレメントモンスターをサポートしたり、送りつけ《クリアー・ワールド》効果発動したりするために利用できる。
 だが、それらのカードの効果を継続して発揮するにはこのモンスターを維持する必要があるため扱い難い。
 そもそも全体的にこのカードフィールドに出せた後のコンボを前提としていながらも儀式召喚が絡むため扱いにくく、デッキとしての構築難易度は非常に高い。
 それならば、やはり《風林火山》を狙うのが実践的と言える。

 《風林火山》発動したら、戦闘破壊される前に《ブリザード・プリンセス》召喚《ディメンション・マジック》《ワンダー・ワンド》発動のためにリリースする手もある。
 だがやはりこのカードを軸にデッキを構築する場合、《風林火山》を複数回発動できるよう努めるべきだろう。
 《安全地帯》《ガガガシールド》といった耐性付与、《風林火山》の回収、儀式魔人による相手の妨害などを駆使すれば活躍できる。

 手札コストまで確保しなければならないが、《A・ジェネクス・トライアーム》シンクロ素材として利用するメリットがある。
 これを狙わずともシンクロ召喚に必要な《ジェネクス・コントローラー》《高等儀式術》コストに利用できるため共存自体は可能。
 レベルモンスターレベル操作が別途必要になるが、《A・ジェネクス・トライフォース》ならばその効果を最大限に発揮できる。
 召喚権や魔法・罠カードとの兼ね合いがあるが、《ジェネクス・ウンディーネ》《黄泉ガエル》墓地へ送っておけば狙いやすい。

  • ドリアード」は英語で「Dryad」と書くのだが、こちらは「Doriado」となっている。
    「Dryad」は木の精霊なので、「地・水・炎・風」を統べる精霊術師のイメージとそぐわないが故の改変とも考えられる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第1話において、「儀式塾」の看板に彼女の姿が描かれている。

関連カード

―複数の属性として扱う永続効果を持つカードこちらを参照。

―《精霊術師 ドリアード》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:この効果永続効果ですか?
A:はい、永続効果です。フィールド上に表側表示で存在するときのみ適用されます。

Q:《DNA移植手術》神属性を宣言)が適用中、このカード属性はどうなりますか?
A:神属性のみになります。(09/07/21)

Q:《ハイドロ・ジェネクス》《ブラック・レイ・ランサー》のような、属性が指定されている素材に使用できますか?
A:使用する事もできます。(13/02/01)


Tag: 《精霊術師 ドリアード》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星3 光属性 魔法使い族 攻1200 守1400

広告