(せい)なる(まも)()/Mysterious Guard》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻 800/守1200
リバース:フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を
選択して持ち主のデッキの一番上に戻す。
自分フィールド上に戦士族モンスターが存在する場合、
さらにフィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して
持ち主の手札に戻す事ができる。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した地属性魔法使い族下級リバースモンスター
 フィールド上の表側表示モンスター1体をデッキトップに戻し、さらに戦士族がいるならバウンスできる誘発効果を持つ。

 表側表示モンスターデッキトップに戻せるため、相手の次のターンドローをロックできる。
 《マインドクラッシュ》等でそのまま墓地に送ってしまうのもいい。

 類似の効果を持つ《伝説の柔術家》と比べるとリバースした時の効果なので能動的に使え、戦士族が存在すればさらに1体手札バウンスできる。
 一方で、このカードステータスは低い上にリバース時の効果であり、複数回使うには《月の書》などを使う必要がある。

 バウンス先は手札だが、同じ魔法使い族墓守のサポートも受けられる《墓守の番兵》はより高いステータスを持っている。
 また、こちらも手札へのバウンスだが、効果発動すれば確実に2枚までバウンスできる《ペンギン・ソルジャー》も存在している。
 属性種族を踏まえた上で、採用の有無を決めていこう。

 やはり2つ目の効果適用するため、戦士族が多いデッキに投入したいところ。
 シンクロモンスターエクシーズモンスター等には戦士族が多いため、そちらで用意するのもいいだろう。
 戦士族で特に相性がいいのは《魔装戦士 ドラゴノックス》であり、あちらで簡単に裏側守備表示蘇生できる上に条件も満たせる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
A:はい、デッキトップまたは手札戻す効果は、いずれも対象をとる効果です。(10/03/17)

Q:選択したモンスター効果解決時裏側守備表示になっている場合、この効果適用されますか?
A:適用されません。(13/02/08)

Q:他に自分のフィールドモンスターが存在せず、《DNA改造手術》戦士族が宣言されている時にこのカード戦闘破壊される場合、2つ目の効果発動できますか?
A:《DNA改造手術》が適用されなくなり、できません。(13/02/08)

Q:デッキトップ戻す効果手札戻す効果は、別々にチェーンブロックが組まれますか?
A:いいえ、このカードリバースしたタイミングで、2つの効果は同時に処理されます。(10/03/17)


Tag: 《聖なる守り手》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻800 守1200

広告