青眼の銀ゾンビ(ブルーアイド・シルバーゾンビ)

通常モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 900/守 700
目から出す怪光線で、相手をゾンビに変えてしまうと言われている。

 Vol.2で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 テキストはゲーム作品によって活かされている。

 より守備力の高い《死神のドクロイゾ》下位互換
 受けられるサポートもあちらより少なく、《ゴブリンゾンビ》に対応する点も双方同じなので、優先は難しい。

  • 第1期に登場し、以後一度も再録されていないため、度々再録されている《青眼の白龍》よりも入手難度が高くなっている。
  • 片仮名に片仮名のルビが振られている、珍しいカード
  • 真DMでは《青眼の白龍》に倣ってか、アンデット族でありながら第1守護星が「太陽」(GBのDMシリーズにおける「白魔族」)となっている。
    ただしGBのDMシリーズでは、他の多くのアンデット族と同様に「悪魔魔族」となっている。
  • DM6では、「ブルーアイズ持ってるよ!ブルーアイド・シルバーゾンビだよ。あげないよ!」と話す通行人が存在する。
  • デュエルリンクスでは海馬瀬人、モクバの初期デッキとCPUのLv.10デッキに3積みされている。
    上記のネタを意識したものと思われ、モクバのLv.10デッキは「こいつで十分だろー!ブルー・アイドデッキ」と名付けられている。

収録パック等


Tag: 《青眼の銀ゾンビ》 通常モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻900 守700

広告