戦華史略(せんかしりゃく)三顧礼迎(さんこれいげい)

永続魔法
このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに、自分が「戦華」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「戦華」モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

 IGNITION ASSAULTで登場した永続魔法
 2回目のスタンバイフェイズ自壊する効果外テキスト戦華召喚・特殊召喚に成功した場合に戦華モンスターサーチできる効果魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に手札から戦華1体を特殊召喚できる効果を持つ。

 発動後2回目の自分スタンバイフェイズに自身を墓地へ送る効果外テキストを持つ。
 自壊効果外テキストであり防ぐことはできないが、(2)の効果へつながる為、基本的に無駄になることはない。
 バウンスして再利用するのも手であろう。

 (1)は戦華モンスター召喚・特殊召喚に成功した場合、そのモンスターカード名の異なる戦華モンスターサーチする効果
 戦華モンスター召喚特殊召喚を行う必要があるとはいえ、毎ターンサーチを行える。
 発動できるのは自分メインフェイズ限定であるため、効果外テキスト自壊までに発動できるのは最大2回である。

 獣戦士族汎用サーチ永続魔法《炎舞−「天キ」》と比較すると毎ターン発動できる点、レベル5以上もサーチできる点、(2)の効果により除去を牽制し、展開も狙える利点がある。
 一方、サーチ効果発動条件が存在する点、戦華モンスター以外サーチできない点、攻撃力上昇効果を持たない点で劣る。
 戦華モンスターの多くが、レベル4以下で《炎舞−「天キ」》にも対応していることを考えると併用するのもよいだろう。

 (2)は、魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に手札から戦華モンスター特殊召喚する効果
 効果墓地へ送る必要がないためこのカード効果外テキストコストとして墓地へ送られた場合にも発動できる。

  • モチーフは故事成語にもなった三国志の名場面の一つ「三顧の礼」だろう。
    劉備が諸葛亮を迎え入れる際に3回も勧誘に行った事に由来し、立場が上の者が下の者を迎える際に礼を尽くす意味として現在は使われている。
    諸葛亮の方から劉備を3回訪問した、という異説も存在するが、諸葛亮が起草した文章の中に劉備に3度訪問されたことへ言及する部文があるため信憑性は低い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《戦華史略−三顧礼迎》 魔法 永続魔法 戦華

広告