閃刀機関(せんとうきかん)−マルチロール/Sky Striker Mecha Modules - Multirole》

永続魔法
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
さらに、対象のカードは墓地へ送られる。
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した
「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、
自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した永続魔法
 このターン自分魔法カード発動へのチェーンを封じ、自分フィールドカード1枚を墓地へ送る効果、このターン発動した閃刀魔法カードの数まで墓地から魔法カードセットできる効果を持つ。

 (1)は、このターン自分魔法カードチェーンされなくなる効果
 閃刀デッキ魔法カードへの依存度が高く、それらがカウンターされる危険性がなくなり安全度が増す。
 その代償として対象自分カード1枚を墓地へ送らなければならないが、セットされている速攻魔法通常罠対象に選択し、そちらをチェーン発動することでカードを無駄に失うことは避けられる。

 (2)は、墓地閃刀魔法カードを、そのターン発動枚数に応じてフィールドセットする効果
 発動した閃刀は基本的にそのまま墓地に存在するため、この効果で回収したものを再発動する場合を除けばセットできなくなることはない。
 閃刀デッキ閃刀魔法カードへの依存度が高いため、墓地閃刀魔法カードを状況に応じて再利用できるこの効果は利便性が高いといえる。
 ただ、《閃刀機−イーグルブースター》以外の3枚の速攻魔法メインモンスターゾーンモンスターを配置する可能性のある効果であり、他の閃刀を阻害する可能性も出てくるため、発動順序には気をつけたい。
 セットした時点で墓地魔法カード枚数が減るため、「墓地魔法カードが3枚以上存在する場合」の効果に支障が出てしまう可能性がある。
 また、回収後は除外されてしまうため、《閃刀姫−カガリ》等によるサルベージに支障が出る可能性もある。
 回収する魔法カードの枚数は調整可能なので、状況によっては最大枚数を回収せず墓地魔法カードを残す事も考えたい。

  • カード名の由来は、多用途戦闘機を指す「マルチロール機」だろう。
    ひとつの機体を多様な任務に対応できるようにすることにより、積載量が限られた航空母艦内での容積を減らす狙いがある。
    装備換装で様々な状況に対応できる《閃刀姫−レイ》はまさに「マルチロール機」と言えるだろう。
  • 「機関」には「特定の目的のための組織」「エネルギーを動力に変える機械(エンジン)」の2つの意味がある。
    英語名(モジュール:規格化された装置)から推察すると、後者の意味合いが強いだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《閃刀機関−マルチロール》 魔法 永続魔法 閃刀

広告