閃刀術式(せんとうじゅつしき)−アフターバーナー》

通常魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場する通常魔法
 対象表側表示モンスター1体を破壊し、特定条件下では更にフィールド魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる効果を持つ。

 通常魔法表側表示相手モンスター1体を対象に取り破壊するだけならば、《ソウルテイカー》の方が扱い易い。
 対象を選ばず破壊するものも含めば、発動条件のない《地割れ》《地砕き》が存在する。

 上記のカードとの違いとして、閃刀サポートでサーチサルベージが可能という点が挙げられる。
 特に、このカードサーチできる魔法カード《閃刀起動−エンゲージ》ならば、追加効果の条件も満たし易くなる。
 これらのことは他の閃刀カードにも言えることだが、このカード効果が腐りづらい分他の閃刀カードよりも多くのデッキで採用できるといえる。

 墓地魔法カードが3枚以上存在する場合、モンスターに加えて魔法・罠カード破壊できる。
 しかし、この効果魔法・罠カード破壊するためには、モンスター魔法・罠カード両方が存在する必要がある。
 とはいえ、多くのデッキモンスター魔法・罠カードの両方を使うので、特に狙わなくても両方破壊できる可能性は高い。

  • 「アフターバーナー」は、ジェットエンジンで推力をより多く得るために使用される機構の一種。
    通常のジェットエンジンは耐久性の問題などから燃焼を抑えてあり、排気される高温の気体にも酸素が十分に含まれている。
    この状態の排気にさらに燃料を混ぜ燃焼させることで推力を獲得するのであるが、エネルギーの回収効率が非常に悪いという欠点がある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《閃刀術式−アフターバーナー》 魔法 通常魔法 閃刀

広告