閃刀術式(せんとうじゅつしき)−アフターバーナー/Sky Striker Maneuver - Afterburners!》

通常魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した通常魔法
 対象表側表示モンスター1体を破壊し、特定条件下では更にフィールド魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる効果を持つ。

 閃刀魔法カード共通の性質は閃刀を参照。

 基本効果表側表示モンスター1体の破壊
 しかし、通常魔法表側表示相手モンスター1体を対象に取り破壊するだけならば、《ソウルテイカー》の方が扱い易い。
 対象を選ばず破壊するものも含めば、発動条件のない《地割れ》《地砕き》が存在する。
 こちらは、閃刀サポートでサーチサルベージが容易であることがメリットとなる。
 特に、このカードサーチできる魔法カード《閃刀起動−エンゲージ》ならば、追加効果の条件も満たし易くなるので是非併用したい。

 追加効果対象を取らない魔法・罠除去
 破壊する魔法・罠カード効果処理時に選ぶため、チェーンして回避しづらい。
 しかし、この効果魔法・罠カード破壊するためには、モンスター破壊する必要がある。
 そのためフィールドモンスターがいない、もしくは耐性を持つモンスターしかいない状況や、モンスター耐性を与える魔法・罠カードに弱い。
 サクリファイス・エスケープ《マクロコスモス》などの弱点も多いので、このカードのみに魔法・罠除去を頼ることは避けたい。

 なお、相手モンスター対象に取れ、墓地魔法カードが3枚以上あり追加効果を狙える場合、《閃刀機−ウィドウアンカー》コントロール奪取する方が使い勝手がよい。
 魔法・罠カードが存在する場合とでうまく使い分けたい。

  • 「アフターバーナー」は、ジェットエンジンで推力をより多く得るために使用される機構の一種。
    通常のジェットエンジンは耐久性の問題などから燃焼を抑えてあり、排気される高温の気体にも酸素が十分に含まれている。
    この状態の排気にさらに燃料を混ぜ燃焼させることで推力を獲得するのであるが、エネルギーの回収効率が非常に悪いという欠点がある。
    なお、アフターバーナーは米GeneralElectric社の登録商標であり、同種の装置はエンジンの開発会社により様々な名前が付けられている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分の墓地魔法カードが2枚の状態で、自分の《閃刀機構−ハーキュリーベース》を装備した相手モンスター対象として、《閃刀術式−アフターバーナー》を発動しました。
  その効果で対象相手モンスター破壊され墓地へ送られる際に、その相手モンスターに装備されていた《閃刀機構−ハーキュリーベース》破壊され自分の墓地へ送られた場合、
  《閃刀術式−アフターバーナー》の「その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合〜」の処理を適用する事はできますか?
A:できます。(18/02/23)


Tag: 《閃刀術式−アフターバーナー》 魔法 通常魔法 閃刀

広告