(よみがえ)りし魔王(まおう) ハ・デス/Revived King Ha Des》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2450/守   0
「ゾンビキャリア」+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上のアンデット族モンスターが
戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した闇属性アンデット族シンクロモンスター
 アンデット族戦闘破壊したモンスター効果無効にする永続効果を持つ。

 戦闘破壊したモンスターの「モンスター効果を永続的に無効化」する効果を自軍のアンデット族に付与できる。
 無効化が及ぶのは墓地までであり、それらの詳細については《冥界の魔王 ハ・デス》のページを参照したい。

 シンクロ素材に二重の縛りがあり、【アンデット族】以外ではまず採用できない。
 ただしチューナーには自己再生効果を持つ《ゾンビキャリア》を指定しており、アンデット族の展開力も含めてシンクロ召喚自体は容易と言える。
 非チューナーには《ゾンビキャリア》蘇生できる《ゾンビ・マスター》サーチャー《ゴブリンゾンビ》が扱いやすい。

 基本的には他の汎用レベルシンクロモンスターと使い分け、戦闘破壊後も無力化したいモンスター相手取る場合にシンクロ召喚したい。
 独自の利点としては守備力が0なので《カメンレオン》蘇生でき、そのまま《神樹の守護獣−牙王》等に繋げられる。
 また、《星に願いを》《ゾンビ・マスター》《エフェクト・ヴェーラー》等の使いやすい守備力0のモンスターレベルを合わせる事もできる。
 この点は同じレベルアンデット族シンクロモンスター《刀神−不知火》でも同様の動きが可能。
 あちらは1ターンに1度特殊召喚制限がつくため、効果も含めそれらの差別化したい。

 なお、《アンデットワールド》と併用する場合は注意が必要となる。
 《強制転移》などでコントロール奪取された場合、相手の展開したモンスター群に自身の効果を利用されてしまう。
 こちらの《ゴブリンゾンビ》《ピラミッド・タートル》無効化されると悲惨なことになる。

関連カード

―《蘇りし魔王 ハ・デス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《混沌の黒魔術師》戦闘破壊した場合、《混沌の黒魔術師》除外されますか?
A:除外はされずに、墓地へ送られます。(10/07/17)

Q:自身の効果特殊召喚した《ボルト・ヘッジホッグ》戦闘破壊した場合、《ボルト・ヘッジホッグ》除外されますか?
A:除外されます。(10/07/17)

Q:罠モンスター《死霊ゾーマ》戦闘破壊した場合、《死霊ゾーマ》効果発動できますか?
A:戦闘破壊したモンスター効果無効化するため、罠カード扱いとなっても《死霊ゾーマ》効果はそのまま無効となります。(13/06/03)


Tag: 《蘇りし魔王 ハ・デス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻2450 守0

広告