創世竜(ジェネシックドラゴン)/Genesis Dragon》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2200/守1800
1ターンに1度、手札からドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事で、
自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を選択して手札に加える。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地のドラゴン族モンスターを全てデッキに戻す事ができる。

 LIMITED EDITION 14で登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 ドラゴン族手札コスト墓地ドラゴン族サルベージする起動効果と、自身が墓地へ送られた時に墓地ドラゴン族を全てデッキ戻す誘発効果を持つ。

 前半の効果は、ドラゴン族手札コスト墓地ドラゴン族サルベージする効果
 しかし、《神竜 アポカリプス》下位互換であり、下級モンスターである上に、コスト指定もないあちらの方が格段に扱いやすい。
 サルベージ対象としては、自身の効果特殊召喚できる《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》が筆頭となる。
 このカード除外し、手札に戻した《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》特殊召喚、捨てたドラゴン族モンスター効果特殊召喚というのが理想の流れである。

 後半の効果は、自身が墓地へ送られた時に墓地ドラゴン族を全てデッキ戻す効果
 しかし、【ドラゴン族】では《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《龍の鏡》など、デッキより墓地カードが置かれていた方が良い場合が多い。
 一応ホルスの黒炎竜などの特殊召喚モンスターデッキ戻すことができればメリットとなる。
 だが、タイミングを逃す恐れがあるこのカード墓地へ送る手間があり、戻すのが狙いなら《貪欲な壺》《究極封印神エクゾディオス》の方が扱いやすい。

 総じて上級モンスターにも関わらず、他のカードよりはるかに扱いにくい。
 一応こちらは《聖刻龍王−アトゥムス》エクシーズ素材になり、《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースしてアドバンス召喚すれば墓地ドラゴン族を回収しつつ《聖刻龍王−アトゥムス》効果につながる。
 墓地《聖刻龍−トフェニドラゴン》を回収して《聖刻龍王−アトゥムス》《聖刻龍−シユウドラゴン》を出し、そのコストリリースすれば除去しつつさらにランク6を展開できる。

  • 英語名の「Genesis(ジェネシス)」とは、旧約聖書の第一書である創世記を指す言葉である。
    日本名の「ジェネシック」は、英単語「genesic(形容詞:起源に関する)」もしくは「ジェネシス」のもじりだと思われる。
  • Vジャンプカードフェスタ2008などで配布されたVジャンプスターターブックに掲載された、石塚2裕子氏による漫画版GXの30話をモチーフにしたパロディ漫画「犬遊戯でいこう」において、万丈目がパロディカード《創世竜(ジェネシックドラゴソ)》を使用した。
    だが話の開始が30話の状況からであったため攻撃および効果使用することはなく、《ドラゴソ・エボリューショソ》の効果により、もっと親切な「ドラゴソ」である《ハリケイソ・ドラゴソ》を特殊召喚するための生け贄となっただけだった。
    ちなみにこの話では、本家で万丈目が使ったカード達は、名前の「ン」が「ソ」に変わっていたのをはじめ、イラストからステータスの概念までありとあらゆる部分に強烈なアレンジを加えられていたのだが、このカードのソリッドビジョンだけは本家とまったく変わっていなかった。
    ただしカードイラストは杖を持ったファンシーな兎である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:墓地ドラゴン族手札加えるのは起動効果デッキ戻すのは任意誘発効果です。(08/12/28)

Q:手札ドラゴン族墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(08/12/28)

Q:墓地ドラゴン族手札加える効果対象にとる効果ですか?
A:手札加えるドラゴン族モンスター対象にとる効果です。(08/12/28)

Q:コスト墓地へ送ったドラゴン族モンスターを、効果対象として回収することはできますか?
A:可能です。ただし、最初の発動条件として、墓地に別のドラゴン族モンスターが存在している必要があります。(11/07/24)


Tag: 《創世竜》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 ドラゴン族 攻2200 守1800

広告