双星神(そうせいしん) a−vida(アヴィダ)

特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/サイバース族/攻3500/守3500
このカードは通常召喚できない。
お互いのフィールド・墓地にリンクモンスターが8種類以上存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードの特殊召喚は無効化されない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカード以外の、お互いのフィールド・墓地のモンスター及び
除外されているモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

 RISING RAMPAGEで登場した光属性サイバース族特殊召喚モンスター
 お互いフィールド墓地に合計8種類以上のリンクモンスターが存在する場合に特殊召喚できる召喚条件特殊召喚無効化されない効果特殊召喚に成功した場合に他の効果チェーンさせずにお互いフィールド墓地除外ゾーンのモンスターを全てデッキ戻す効果を持つ。

 召喚条件は「お互いフィールド墓地に合計8種類以上のリンクモンスターが存在する場合」というもの。
 自分リンクモンスターを中心とするデッキならばある程度は能動的に用意できる。
 例えば【閃刀姫】ではリンク閃刀姫を連続でリンク召喚する事により少ない消費で複数種類をフィールド墓地に揃えられる。
 相手リンク召喚を中心とするデッキならばその分だけ数を稼げるため召喚条件を満たしやすくなる。
 「リンク召喚中心のデッキに対するメタカード」という役割を期待してサイドデッキに入れておくという利用法も検討できるか。

 《轟雷帝ザボルグ》自壊させて墓地リンクモンスター8種類を揃えるという方法もあり、この方法ならリンク召喚の手間も不要。

 ただ、どのような方法で条件を満たすとしても、他の特殊召喚を行っているターンにはこちらを特殊召喚できない制約がある。
 次のターンにこのカード特殊召喚する事になりがちという点に留意し、1ターンしのぐカードを用意しておきたい。

 条件さえ整えてしまえば、(1)(2)の効果によりほぼ妨害されずにフィールド墓地除外ゾーンのリセットが可能となる。
 こちらのリソースも無くなってしまうが、このカードが残る分だけ盤面は基本的にこちらが有利となる。
 ただし、他の特殊召喚が行えない関係上ラッシュには不向きであり、相手ライフが3500を上回っている場合は相手ターンを回してしまいがちとなる。
 手札カードリセットできないため、返しのターンに反撃を受ける可能性は高く、特殊召喚時以外の耐性が無いこのカードが生き残る可能性も高いとは言い難い。
 できる事ならばモンスターを追加で召喚する、このカード魔法・罠カード強化する、等の方法を用いて出したターンに決着を付けたい。
 また、魔法・罠カードリセットできないため、伏せカード墓地発動攻撃が妨害される可能性がある点にも注意。

  • 「ヴィダ(vida)」とはスペイン語で「命」「人生」を意味する言葉である。
    また、「アヴィダ(Avida)」という人工生命を研究するためのプラットフォームが存在する。
    これは、「ティエラ」に影響を受けて開発されたプログラムである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《双星神 a−vida》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星11 光属性 サイバース族 攻3500 守3500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告