草薙剣(クサナギノツルギ)/Sword of Kusanagi》

装備魔法
スピリットモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
装備モンスターが自分フィールド上から手札に戻る事によってこのカードが墓地へ送られた時、
このカードを手札に戻す。

 THE DUELIST GENESISで登場した装備魔法
 スピリットモンスター専用の装備カードであり、貫通ダメージを与えられるようになる。

 装備モンスタースピリット手札に戻れば、このカードスピリット同様、相手ターンにはフィールドに残らない。
 そのため、《ブラック・ホール》《ハーピィの羽根帚》といったスペルスピード1の除去に強い。
 また、ターン毎に装備対象を変更する事もできる。

 しかし繰り返し利用できるといってもカード・アドバンテージには繋がらず、発動時のディスアドバンテージが帳消しになっているわけではない。
 ライフ・アドバンテージは得られるものの、スピリットの展開の遅さと攻撃力から影響を及ぼすまでが遠い。
 《火之迦具土》《八俣大蛇》ならば自身の効果との相性が良いものの、攻撃力不足も補え《サイクロン》にも強い《H−ヒートハート》や、追加効果もあり対象を変更できる《EMラクダウン》を使うといった選択のほうが無難である。

 このカードを優先させる場合、攻撃力の高い上級以上のスピリットを繰り返し展開できるよう構築する必要がある。
 最上級スピリットを軸にした【死皇帝の陵墓】でも有効だが、手札事故のリスクも大きいので注意。
 元々ライフ・アドバンテージを得やすい《砂塵の悪霊》と組み合わせるのがベストだろう。
 自身の効果攻撃表示モンスター除去できるため、力負けを気にする必要なく運用できる。

  • 草薙の剣(クサナギノツルギ)」とは、「三種の神器」の一つ。
    「天叢雲剣(アマノムラクモ、アメノムラクモ)」、「蛇の剣(クチナワノケン)」と、所有者や物語によって名前が違う。
    常に叢雲が頭に存在するヤマタノオロチを倒し、その尾中から手に入れたことから天叢雲剣と称される。
    蛇の剣も、ここに由来があろう。
    スサノオからアマテラスアマテラスからニニギに蛇の剣の意味を持つこの武器を渡した。
    さらにヤマトタケルに剣は渡され、野火を払いこの剣を草薙の剣と呼んだ。
    これについては「草を薙いだ剣」ではなく、「臭き(なぎ)の剣」とする説もある。
  • 《雷帝神》が持っている剣とデザインが類似しているのは上記の伝説のためだろう。

関連カード

―《草薙剣》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《草薙剣》 魔法 装備魔法

広告