堕天使(だてんし)ディザイア/Darklord Desire》

効果モンスター
星10/闇属性/天使族/攻3000/守2800
このカードは特殊召喚できない。
このカードは天使族モンスター1体を
リリースしてアドバンス召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
このカードの攻撃力を1000ポイントダウンし、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 遊戯王GX 第5巻 付属カードで登場した闇属性天使族最上級モンスター
 特殊召喚できず、アドバンス召喚リリースを軽減する効果外テキスト、自身の弱体化と引き換えに相手モンスター墓地へ送る起動効果を持つ。

 特殊召喚できないため、《神の居城−ヴァルハラ》《アテナ》《奇跡の光臨》等の天使族専用特殊召喚手段を使えない。
 一応、天使族1体をリリースしてアドバンス召喚する事はできるため、上記の特殊召喚手段を用いればリリース要員を用意する事は難しくない。
 《マシュマロン》雲魔物などの戦闘破壊耐性を持つ天使族を入れておけばアドバンス召喚も狙いやすい。

 破壊ではなく墓地へ送る効果であるため、《スターダスト・ドラゴン》等に無効化されず、破壊されない耐性も突破できる。
 さらに表示形式の指定もない為、裏側守備表示モンスター除去できる。

 だが一度効果発動しただけで攻撃力が2000になり、《サイバー・ドラゴン》以上のアタッカーに簡単に戦闘破壊されやすい。
 単にリリース1体で出せる攻撃力3000のモンスターと見てもいいだろう。
 見方を変えれば、の様にリリース一体だが除去効果により損失を回復できる天使族とも取れる。
 また守備力も高いので、効果使用後は守備表示にすれば戦闘にはある程度強くなる。
 《月の書》《皆既日蝕の書》を使えば守備表示にできるだけでなく下がった攻撃力リセットできる為相性はいい。
 逆に攻撃表示のままで《禁じられた聖杯》を使えば下がった攻撃力を回復しつつ3400に跳ね上がり、大抵の相手モンスターを返り討ちに出来る。
 《あまのじゃくの呪い》コンボする事で、3回効果発動したこのカード攻撃力は6000になる。
 エクストラデッキ0枚という厳しい条件が必要だが、攻撃力リセットしつつ完璧な効果耐性を得られる《帝王の凍志》とのコンボも魅力的。

  • 「ディザイア(Desire)」とは、英語で「強く願う」事を意味し、名詞では「欲望・願望」を意味する。
    日本では「欲望・願望」を表す単語の中でも性的なニュアンスが強く、主に背徳的な意味で用いられいた。
    ただ、英語では本来そういった意味ではなく形容詞で分けて使われるものであり、近年では日本でも原義通り「希望・願い」といった意味で使われる事も増えてきている。
    また、漫画において使用者が同じ《堕天使アスモディウス》《堕天使スペルビア》カード名七つの大罪との繋がりが感じられるので、このカードには「強欲」の意味も含まれているのかもしれない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスター対象にとりますか
A:対象にとります。(09/05/24)

Q:攻撃力を下げるタイミングは、効果解決時ですか?
A:はい、効果解決時です。(09/05/28)

Q:効果解決時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しない場合、または攻撃力が1000未満になった場合、このカードの効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(09/05/28)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用されている時に墓地へ送る効果解決時にこのカード攻撃力がダウンする代わりにアップした場合、墓地へ送る処理は行われますか?
A:いいえ、このカードの効果攻撃力がダウンする処理ができなかった場合、墓地へ送る処理は行われません。(14/10/25)


Tag: 《堕天使ディザイア》 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 天使族 攻3000 守2800 堕天使 特殊召喚不可

広告