堕天使(だてんし)ナース−レフィキュル/Nurse Reficule the Fallen One》

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1400/守 600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手のライフポイントが回復する効果は、
相手のライフポイントにダメージを与える効果になる。

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE EVOLUTION 付属カードで登場した闇属性天使族下級モンスター
 相手回復効果ダメージに変換する永続効果を持つ。

 効果《シモッチによる副作用》と全く同じもので、基本的に【シモッチバーン】専用カードとなる。
 《シモッチによる副作用》と比較すると、モンスターでありリクルートサルベージが容易なのが大きな強みである。
 リクルートであれば《キラー・トマト》《召喚僧サモンプリースト》サルベージであれば《ダーク・バースト》あたりが使いやすい。
 また、召喚するだけで効果適用されるので、遅効性の罠カードである《シモッチによる副作用》より早く効果を使用できる。

 逆に低ステータスであり戦闘破壊モンスター除去の二重の脅威に晒されるので、《シモッチによる副作用》より脆くなりやすい一面もある。
 除去だけでなく《月の書》等でも効果が消えるので、セットカードに十分な注意が必要なところはこちらも変わらない。
 自分メインフェイズ効果適用する場合は手札誘発である《エフェクト・ヴェーラー》も厄介で、通常魔法コンボさせる際に大きくネックとなる。
 《シモッチによる副作用》にも言えることだが、回復カードチェーンしてこのカード除去無効化されることは絶対に避けたい。

 結論としてどちらも一長一短なので、【シモッチバーン】では両方を採用するようにしたい。
 永続罠である《シモッチによる副作用》モンスターであるこのカードが両方存在していれば、片方を除去無効化されても構わなくなるため大きく安定する。
 フリーチェーン全体除去を行えるカードはごく僅かなので、相手モンスター除去魔法・罠カード除去を両方用意していない限り「回復ダメージ」の変換をチェーンで妨害されることは基本的になくなる。

  • 名前の由来は、「ルシファー(Lucifer)」の逆綴りの「Reficul」だろう。
    ただし、英語名では「Reficule」と若干綴りが変更されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WORLD CHANPIONSHIP 2008では、「堕天使ナース」の名前で登場し、主人公の顔を変更してくれる。
    だが、肝心のこのカードは未収録。
    同じようなカードに、《水晶の占い師》があげられる。

関連カード

―堕天使

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告