地獄(じごく)からの使(つか)い/Emissary from Pandemonium》

チューナー(効果モンスター)
星7/地属性/悪魔族/攻2600/守1800
このカードは特殊召喚できない。
このカードはモンスター1体をリリースして召喚できる。
この方法で召喚したこのカードのレベルは5になり、
元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 RAGING BATTLEで登場した地属性悪魔族最上級モンスターチューナー
 特殊召喚できない召喚条件モンスター1体をリリースして妥協召喚する事ができる召喚ルール効果妥協召喚した場合にステータスが変化するルール効果を持つ。

 妥協召喚可能な高レベルチューナーだが、チューナーとしては致命的とも言える特殊召喚できない制約が痛い。
 《死皇帝の陵墓》などを使えばリリースは減らせるが、そもそも【シンクロ召喚】《死皇帝の陵墓》などの最上級モンスターサポートカード自体が噛み合いが悪い。
 このカード召喚権を当てなければならない以上、そのターン中にシンクロ召喚を行うには非チューナー特殊召喚する手段が別に必要なのも欠点。
 《ダンディライオン》《ボルト・ヘッジホッグ》リリースして妥協召喚すれば即座にシンクロ召喚も可能だが、それならば始めから上級モンスター《A・マインド》等を用いれば済む話である。

 チューナーとしては高い攻撃力を持つので《イージーチューニング》との併用ならば考えられるが、その場合でもこちらより攻撃力が100高い《獄落鳥》が存在する。
 あちらはデメリットも無い上に【チューナー】向きの効果も持ち合わせるのでこちらを優先する理由は殆ど無い。
 悪魔族なので《悪魔の嘆き》墓地へ送りやすいという利点はあるが、こちらより攻撃力が300下げれば更に墓地へ送りやすい《竜核の呪霊者》も存在する。

 一応、《悪魔の憑代》と併用すればリリース無しで召喚可能となり、あちらの効果により1度だけの破壊耐性も得られる。
 《魔獣の懐柔》等でモンスターを複数展開した場合は、状況に応じて1体だけリリースしてシンクロ召喚に繋げるか、2体リリースアタッカーとして利用するかを選択はできる。
 しかし、いずれもデメリットに比べて大きなメリットとは言い難い。

関連カード

―《地獄からの使い》の姿の見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果の種類は何ですか?
A:1つ目は効果として扱われません。(効果外テキスト)(12/08/11)
  2つ目は分類されない効果です。(召喚ルール効果)(17/09/28)

Q:リリース1体で召喚したこのカードの効果《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》無効にしました。
  この時、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:攻撃力2600・守備力1800になります。(09/10/16)

Q:リリース1体で召喚元々の攻撃力が1300になったこのカード《収縮》を使用され、攻撃力が650になりました。その後で《スキルドレイン》発動すると攻撃力はいくらになりますか?
A:《スキルドレイン》によって効果無効になる場合でも、《収縮》効果適用されている間は攻撃力は650のままです。(09/04/16)

Q:リリース1体で召喚したこのカードの効果《スキルドレイン》によって無効化されたあと《スキルドレイン》破壊された場合、元々の攻撃力・守備力はどうなりますか?
A:カードに記載された数値に戻ります。(12/10/06)


Tag: 《地獄からの使い》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星7 地属性 悪魔族 攻2600 守1800 特殊召喚不可

広告