地獄(じごく)からの使(つか)い/Emissary from Pandemonium》

チューナー(効果モンスター)
星7/地属性/悪魔族/攻2600/守1800
このカードは特殊召喚できない。
このカードはモンスター1体をリリースして召喚できる。
この方法で召喚したこのカードのレベルは5になり、
元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 RAGING BATTLEで登場した地属性悪魔族最上級モンスターチューナー
 特殊召喚する事ができず、モンスター1体をリリースして妥協召喚する事ができる効果外テキスト妥協召喚した場合にステータスが変化する効果を持つ。

 高レベルチューナーだが、特殊召喚できない制約があり、フィールドに出すにはリリースが必要になる。
 《死皇帝の陵墓》などを使えばリリースは減らせるが、同レベルの類似カードには、単独でもリリース無しで召喚でき特殊召喚にも制限がない《可変機獣 ガンナードラゴン》が存在する。
 こちらはチューナーである事や属性種族を活かして運用したい。
 悪魔族なので、《悪魔の憑代》に対応するという利点がある。
 しかし、いずれにせよこのカード召喚補助の計2枚が必要になり、レベル7分のシンクロ素材が欲しいなら事故の危険性があるこちらよりも、チューナーを含むレベル3とレベル4のモンスターを揃えた方が良い。

 妥協召喚した時はレベルチューナーである《A・マインド》よりも攻撃力が低くなってしまう。
 何らかの手段で召喚したターンシンクロ召喚に繋げたい。
 《A・マインド》同様、《ダンディライオン》《ボルト・ヘッジホッグ》リリース要員として使用すれば、即座にシンクロモンスターシンクロ召喚する事ができる。

 チューナーとしては攻撃力が非常に高く、《イージーチューニング》を使用する事で爆発的な攻撃力を付与する事ができる。
 特殊召喚する事ができないという性能も相まって、墓地へ送られた後はこのカード除外してしまうのも一つの手。
 普通にチューナーとして使うならば他にも有用なモンスターはいくらでもいるので、《イージーチューニング》との併用が真価を発揮する。
 逆に言えば、このカードを見たらまず《イージーチューニング》を警戒すべきだと言える。

関連カード

―《地獄からの使い》の姿の見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果の種類は何ですか?
A:1つ目は効果として扱われません。(効果外テキスト)(12/08/11)

Q:リリース1体で召喚したこのカードの効果《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》無効にしました。
  この時、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:攻撃力2600・守備力1800になります。(09/10/16)

Q:リリース1体で召喚元々の攻撃力が1300になったこのカード《収縮》を使用され、攻撃力が650になりました。その後で《スキルドレイン》発動すると攻撃力はいくらになりますか?
A:《スキルドレイン》によって効果無効になる場合でも、《収縮》効果適用されている間は攻撃力は650のままです。(09/04/16)

Q:リリース1体で召喚したこのカードの効果《スキルドレイン》によって無効化されたあと《スキルドレイン》破壊された場合、元々の攻撃力・守備力はどうなりますか?
A:カードに記載された数値に戻ります。(12/10/06)


Tag: 《地獄からの使い》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星7 地属性 悪魔族 攻2600 守1800 特殊召喚不可

広告