地獄(じごく)暴走召喚(ぼうそうしょうかん)/Inferno Reckless Summon》

速攻魔法
(1):相手フィールドに表側表示モンスターが存在し、
自分フィールドに攻撃力1500以下のモンスター1体のみが特殊召喚された時に発動できる。
その特殊召喚したモンスターの同名モンスターを
自分の手札・デッキ・墓地から可能な限り攻撃表示で特殊召喚し、
相手は自身のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、
そのモンスターの同名モンスターを自身の手札・デッキ・墓地から可能な限り特殊召喚する。

 デュエリストパック−万丈目編−で登場した速攻魔法
 状況次第でお互いフィールドモンスターを大量展開することができる。

 発動条件は以下の条件を全て満たした場合のみ。

  1. 自分攻撃力1500以下のモンスターを1体特殊召喚した直後のタイミングであること。
    元々の攻撃力が1500以下であっても、フィールド魔法などの効果攻撃力が上昇して1500より上になる場合は条件を満たした事にはならない。)
    特殊召喚したのがチェーン2以降の場合や《ディメンション・マジック》破壊効果発動した場合などはタイミングを逃す。)
    (そのモンスターがこのカードによって特殊召喚できる必要がある。詳しくは下記。)
  2. 相手フィールド上に表側表示モンスターが存在している。
    相手モンスター特殊召喚できないものでもよい。)
  3. 特殊召喚したモンスターフィールドに存在する。(09/01/03)
  4. 自分フィールドモンスターカードゾーンが空いている。
    相手フィールドは、全て埋まっていても問題ない。(13/03/07))
  5. ダメージステップでない。

 一連の効果解決時については以下の処理となる。

  1. 発動したプレイヤーは、効果解決時に先ほど特殊召喚したモンスター表側表示で存在する場合、可能な限り特殊召喚する。
  2. 相手は、効果解決時表側表示で存在する相手フィールド上のモンスターレベルなどに関係無く1体選択し、可能な限り特殊召喚する。
    この時、特殊召喚できないモンスターを選択することも可能。
  3. 効果解決時チェーン処理によって自分相手いずれかに特殊召喚できる対象がいなくなった場合、できる方だけを処理する。
    片方が不発になったからといって、もう片方も不発になるわけではない。

 このカードの登場当初よりも特殊召喚を行うカードは大幅に増加したものの、依然として上記の発動条件を全て満たすのは楽ではなく、普通のデッキに投入しても腐るリスクの方が大きい。
 できれば発動に成功したターンに勝利を決めるか、せめて圧倒的優位に立てるくらいのリターンが得られる状況で使用したい。
 とはいえシンクロ召喚エクシーズ召喚が登場したことにより、同名カードを並べることに意義がある状況も増え、あるいは相手フィールド上にエクストラデッキから特殊召喚したモンスターしか居ない状況も増えた。

 相手特殊召喚をさせないためには、相手フィールド上に制限カードトークン特殊召喚モンスターのみが存在する時が狙い目となる。
 無論、特殊召喚された相手モンスターもろとも《漏電》《死の合唱》除去できるならそれでいいし、《奈落の落とし穴》を使えば特殊召喚した相手モンスターだけを除去できる。

  • 海外版のイラストは背後の十字架が全て消されている。
  • 海外版アニメでのイラストは、TCG版と違う墓がカプセルのようなものとなった画となっている。
  • 同じくGXの「十代vsクロノス」(2戦目)では、このカード発動条件を緩めハイリスクにしたような効果を持つ通常魔法狂った召喚歯車(クレイジー・サモン・ギア)》が登場している。
    攻撃力1500以下」という対象範囲も含めテキストが類似しており、カード名を鑑みても恐らくこのカードを意識して作られたものだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスターカードゾーンが全て埋まっている場合、このカード発動できますか?
  また、相手モンスターカードゾーンが全て埋まっている場合、このカード発動できますか?
A:自分フィールド上のモンスターカードゾーンに空きが無い場合、発動できません。
  相手フィールドモンスターカードゾーンが埋まっている場合は、発動でき自分だけが特殊召喚できます。
  また、その際に相手が選んだモンスター同名カードデッキ手札に存在していた場合、そのモンスター墓地へ送られる事はありません。(14/03/21)

Q:《キラー・トマト》《シャインエンジェル》などの効果モンスター特殊召喚した場合、そのモンスターの召喚に《地獄の暴走召喚》を発動することはできますか?
A:《キラー・トマト》《シャインエンジェル》効果は、ダメージステップにて発動する効果になります。
  ダメージステップ中に《地獄の暴走召喚》を発動する事ができません。
  よって、《キラー・トマト》等の効果によって、モンスター特殊召喚した時に、《地獄の暴走召喚》を発動する事ができません。(09/02/04)

Q:相手にこのカード発動されました。
  自分フィールド上のモンスターを選択して特殊召喚する効果を拒否することはできますか?
A:いいえ、強制効果です。
  選択したモンスター手札墓地デッキからある限り特殊召喚します。

Q:《コマンド・ナイト》特殊召喚時に発動できますか?
A:いいえ、できません。永続効果フィールドに出た時点で発揮されるため、攻撃力1600のモンスター特殊召喚した扱いとなるためです。
  攻撃力1500以下のモンスター特殊召喚した際、フィールド魔法の所為でそのモンスター攻撃力が1500を超過した場合も、同様にして使用できません。

Q:攻撃力1000のモンスター特殊召喚時にこのカードを発動したところ、相手はこのカードにチェーン《突進》発動しました。
  この場合、処理はどのようになりますか?
A:効果解決時にその特殊召喚したモンスター攻撃力が1500を超えた場合でも、このカードの効果適用され同名モンスター特殊召喚されます。(11/07/13)

Q:このカードの発動チェーンをして《サンダー・ブレイク》特殊召喚されたモンスター破壊した場合は同名カードモンスター特殊召喚されますか?
A:このカード効果解決時特殊召喚されたモンスターフィールド上に表側表示で存在しない場合は同名カード特殊召喚されません。
  もう一方のプレイヤーモンスター特殊召喚する効果処理のみ行われます。(09/01/03)

Q:自分または相手は、《ホルスの黒炎竜 LV6》をこのカードで特殊召喚できますか?
A:はい、できます。

Q:自分または相手は、《メタル・リフレクト・スライム》をこのカードで特殊召喚できますか?
A:できません。(07/03/26)

Q:相手フィールドにはシンクロモンスター融合モンスターのみが存在し、相手墓地蘇生制限を満たした同名カードが存在しない場合、発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールドには融合召喚シンクロ召喚でのみ特殊召喚可能なシンクロモンスター融合モンスターのみが存在する場合発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールド《古代の機械巨人》などのように特殊召喚する事ができないモンスターのみが存在する場合に発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/09/30)

Q:相手フィールドには特殊召喚モンスターのみが存在し、相手墓地蘇生制限を満たした同名カードが存在しない場合、発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールドにはモンスタートークンのみが存在する場合、発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/09/02)

Q:相手フィールドには《メタル・リフレクト・スライム》などの罠モンスターのみが存在する場合、発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールド制限カードモンスターのみが存在する時に発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールド《青眼の白龍》が3体出揃っている時発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:《青眼の白龍》相手フィールドに1体存在し、2体の《青眼の白龍》除外されています。
  この時発動できますか?
A:はい、発動でき自分だけが特殊召喚を行う処理になります。(09/10/02)

Q:相手フィールドモンスター《六武衆の師範》1体のみの場合発動できますか?(《六武衆の師範》は場に1体のみしか存在できない。)
A:はい、発動できます。
  相手特殊召喚を行う事ができませので、自分のみが特殊召喚を行い処理が完了します。(16/09/24)

Q:このカードの効果によってお互いのフィールドモンスター特殊召喚される場合、その特殊召喚を同時に起きたことで扱って、どちらの特殊召喚に対してもカードの効果発動することができますか?
A:このカードを発動したプレイヤーが先に特殊召喚し次に相手特殊召喚する形になりますが、このカードの効果によってお互いのモンスター特殊召喚されるタイミングは同時として扱います。(11/07/13)

Q:自分《ファントム・オブ・カオス》効果モンスターを除外し、その名前を得たとします。
 相手がこのカード発動してモンスター特殊召喚した時、自分《ファントム・オブ・カオス》特殊召喚しますか?
 それとも、除外したモンスターと同名のモンスター特殊召喚しますか?
A:変更されているモンスター名と同名のモンスター特殊召喚します。(10/07/08)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する時にこのカード発動し、片方のプレイヤー墓地に同名モンスターが存在する場合、墓地に同名モンスターが存在しないプレイヤーだけが特殊召喚できますか?
A:この場合、手札デッキからの特殊召喚は行えますが、墓地からの特殊召喚は行えません。
  効果処理時に、同名モンスター墓地にしか存在しなくなっている場合など、特殊召喚の処理を行えなかった場合でも、片方のプレイヤー特殊召喚の処理を行います。(16/09/24)

Q:デッキ《サイバー・ドラゴン》が3枚と、墓地《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》が3枚存在します。
  《プロト・サイバー・ドラゴン》特殊召喚した場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動でき《サイバー・ドラゴン》として扱うカードを可能な限り選んで特殊召喚します。
  また、手札デッキに存在する、特殊召喚できなかった同名モンスターはそのままとなります。(16/09/24)

Q:自分が《地獄の暴走召喚》を発動した所、相手は「フィールド上のモンスター同名カードデッキ手札墓地に存在しないため、特殊召喚できない」と宣言しました。
 事実か確認するために、相手デッキ手札公開を求めることはできますか?
A:ゲームのルールとして公開が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/15)

Q:ペンデュラムモンスターを《地獄の暴走召喚》でエクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(14/03/21)


Tag: 《地獄の暴走召喚》 魔法 速攻魔法

広告