超再生能力(ちょうさいせいのうりょく)/Super Rejuvenation》

速攻魔法
(1):このカードを発動したターンのエンドフェイズに、
このターン自分の手札から捨てられたドラゴン族モンスター、
及びこのターン自分の手札・フィールドからリリースされたドラゴン族モンスターの数だけ、
自分はデッキからドローする。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した速攻魔法
 発動ターンエンドフェイズに、ドラゴン族手札から捨てるリリースした枚数分ドローする。

 一種の手札交換カードとも言えるが、他の手札交換カードの損失部分のみをドローによって変換するため、アドバンテージを得やすい。
 効果の適用エンドフェイズと遅くクセがあるものの、《手札抹殺》《メタモルポット》等の手札交換カードを1ターン中に複数使うことで、その分アドバンテージを得ることが可能。
 《調和の宝札》とは効果の性質や種族の関係上相性が良く、《伝説の白石》コストにすればアドバンテージは+1以上になる。
 【青眼の白龍】であれば《トレード・イン》《ドラゴン・目覚めの旋律》コストドラゴン族を使う機会も多く、大量ドローを狙える。
 安定性は低いが、手札コストが確保できれば《スピリット・ドラゴン》との併用でも大量のドローが狙える。

 リリースした分もドローできるが、アドバンス召喚は1ターンに1度しか行えず基本的にはアドバンテージを得にくい。
 しかし、1ターン手札を含む複数回のリリースが可能な【聖刻】ならば、大量のドローが容易となる。
 これ以外では《スターダスト・ドラゴン》《ドラグニティ−ブラックスピア》効果を使う場合にも適用されるので覚えておくと良い。
 変わった所では《ドラゴニック・タクティクス》リリースの損失を補うこともできる。

 注意点としてエンドフェイズドローする都合上、手札が7枚以上になれば手札調整で墓地へ捨てなければならない。
 どれだけドローしようと次のターンには持ち越せるのは6枚までであり、事前に魔法・罠カードセットする等の調整を怠らないようにしたい。
 どうしても手札を溜め込みたいのなら《無限の手札》によるサポートが必須となる。
 相手ターン中に発動できれば手札調整はなく、返しの自分ターンで存分に使用できるので、《抹殺の聖刻印》のような聖刻サポートの罠カードも有効。
 手札調整を逆手に取り、墓地蘇生《龍の鏡》からの《F・G・D》融合召喚を狙うにしても、数ターンのラグが生じてしまう場合もある。

 ただし、【エクゾディア】で利用する場合はキーカードを揃えてしまえば勝ちなため、最後の一押しとしてなら上記の問題点は無視できる。
 この場合、リリース手札から捨てる行為に特化できるため、大量ドローパワーカードに化ける事も珍しくない。
 魔法カードという観点からも【図書館エクゾ】にしばしば採用され、かなり尖ったデッキ構築が必要だが、この用途でも充分な爆発力がある。
 以上のような理由から、ドラゴン族ドローソース以外に特定のデッキコンボパーツとしても活用されている。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:ドローする効果チェーンブロックが作られますか?
A:チェーンブロックを作りません。(13/03/31)

Q:この効果で複数枚ドローする時に1枚ドローして、その後別の効果発動した後に残りのカードドローするなどして、複数回に分けてドローする事はできますか?
A:いいえ、一度の処理で複数枚ドローしなければいけません。(10/06/03)

Q:《神の恵み》が存在する時にこのカードの効果で複数枚ドローする場合、回復するのは500ポイントだけになりますか?
A:はい、そうなります。(10/06/03)

Q:このカードの効果ドローした後、そのエンドフェイズ中にドラゴン族捨てるなどした場合、再びドローできますか?
A:いいえ、できません。(10/06/03)

Q:《超再生能力》発動後、《DNA改造手術》効果によって、ドラゴン族になっているモンスターリリースした場合、エンドフェイズドローする事は可能ですか?
A:はい、可能です。(08/12/28)

Q:《神殿を守る者》フィールド上に存在する時にこのカード発動する事ができますか?
A:はい、できます。
  また、エンドフェイズ時に《神殿を守る者》フィールド上に存在する場合は、このカードドローする効果適用されません。(13/03/07)

Q:《魔法都市エンディミオン》フィールド上に表側表示で存在します。
  このカードエンドフェイズ発動した場合、《魔法都市エンディミオン》魔力カウンターが乗る前にドローする処理を行えますか?
A:いいえ、行えません。(13/03/31)

Q:エンドフェイズ手札調整で《エクリプス・ワイバーン》捨てました。
  その誘発効果チェーンしてこのカード発動できますか?
  できる場合、ドローは行えますか?
A:《エクリプス・ワイバーン》誘発効果チェーンして《超再生能力》を発動することができます。
  その場合、《エクリプス・ワイバーン》効果を処理した後、《超再生能力》でドローします。(16/07/08)

Q:《超再生能力》を発動したターンエンドフェイズに新たに《超再生能力》をドローした場合、新たにドローした《超再生能力》を発動することで、このターン捨てたドラゴン族の枚数分、追加でドローすることは可能ですか?
A:手札調整を行っていないのであれば、《超再生能力》の効果によってカードドローした後、2枚目の《超再生能力》や《リロード》を同一エンドフェイズ中に発動し、処理する事ができます。(10/05/19)

Q:《超再生能力》を発動し、ドラゴン族モンスターを捨てたターンエンドフェイズドローする処理を行う前に手札調整を行うことはできますか?
A:できません。(13/03/31)

Q:《超再生能力》を発動し、このターンドラゴン族モンスターを捨てておらず、リリースもしていません。
  エンドフェイズ手札調整でドラゴン族モンスター捨てた場合、その後ドローする処理を行いますか?
  また、ドローする処理を行う場合、そのドローで別な《超再生能力》をドローした場合、このエンドフェイズ中にその《超再生能力》を発動できますか?
A:ドローする処理を行うことができます。(16/07/08)
  その処理で新たにドローした《超再生能力》を発動することはできません。(13/03/31)

Q:上記の状況で、《エクリプス・ワイバーン》捨てました。
  《エクリプス・ワイバーン》誘発効果発動しますが、ドローは行えますか?
A:まず手札調整で捨てられた《エクリプス・ワイバーン》誘発効果発動します。
  その後、このカードの効果適用し、ドローします。(13/05/04)
  なお、そのドローで別な《超再生能力》を新たにドローしてきたとしても、その《超再生能力》をこのエンドフェイズ中に発動することはできません。(13/05/08)

Q:《超再生能力》を発動し、このターンドラゴン族モンスター捨てておらず、リリースもしていません。
  エンドフェイズ手札調整で《エクリプス・ワイバーン》捨て《エクリプス・ワイバーン》誘発効果を適用し、モンスターデッキから除外する処理を行いました。
  その後、《超再生能力》のドローする処理を行う前に、手札に元々存在していた2枚目の《超再生能力》を発動することはできますか?
A:できません。(13/05/08)

Q:《超再生能力》を発動し、このターンドラゴン族モンスター捨てておらず、リリースもしていません。
  エンドフェイズ手札調整でドラゴン族モンスター捨てて捨てた枚数分だけドローしました。
  そのドローに対して相手《強烈なはたき落とし》発動できますか?
A:できます。(14/03/06)

Q:《超再生能力》を発動し、このターンドラゴン族モンスター捨てておらず、リリースもしていません。
  エンドフェイズ手札調整でドラゴン族モンスターを捨てて、捨てた枚数分だけドローしました。
  自分手札枚数は手札制限枚数を超えていますが、2回目の手札調整を行う必要はありますか?
A:手札が7枚以上であれば、手札調整を行う必要があります。(13/05/06)

Q:《クロス・ソウル》効果相手フィールドドラゴン族モンスターリリースした場合、フィールド上からリリースしたドラゴン族モンスターの数としてカウントされますか?
A:いいえ、自分手札自分フィールドからリリースされたドラゴン族モンスターのみをカウントしますのでカウントされません。(15/12/03)


Tag: 《超再生能力》 魔法 速攻魔法

広告