超重蒸鬼(ちょうじゅうじょうき)テツドウ−(オー)

シンクロ・効果モンスター
星12/地属性/機械族/攻2000/守4800
「超重武者」チューナー+チューナー以外の「超重武者」モンスター2体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
(1):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードの守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
(2):1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、
捨てた数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
お互いの墓地の魔法・罠カードを全て除外し、
除外した数×200ダメージを相手に与える。

 COLLECTORS PACK 2017で登場する地属性機械族シンクロモンスター
 超重武者として扱う効果外テキスト守備表示のまま攻撃できる効果相手フィールドカード破壊する効果墓地魔法・罠カード除外して効果ダメージを与える効果を持つ。

 シンクロ素材チューナー・非チューナー共に超重武者縛りがあり、非チューナーは2体以上が必要とシンクロ召喚の難易度は高い。
 《超重荒神スサノ−O》を出せる《超重輝将ヒス−E》《超重武者ホラガ−E》などの組み合わせに、《超重武者装留シャイン・クロー》を合わせてシンクロ召喚を狙うことになる。
 《超重武者タマ−C》効果相手レベル10を墓地へ送って特殊召喚を狙うのも手である。
 《壊星壊獣ジズキエル》を使えば能動的に相手フィールドレベル10モンスターを用意できる。

 (2)の効果手札コストを要する除去効果
 対象を取る破壊効果と比較的対処されやすい部類ではあるものの、破壊できるカードの種類には制限が無く、1ターンに2枚まで除去できるため直接攻撃も通しやすい。

 (3)の効果お互い墓地魔法・罠カード除外してバーンを与える効果
 【超重武者】【フルモンスター】構築になりやすいので、基本的には相手墓地魔法・罠カード除外するのがメインとなる。
 魔法・罠カードを5枚除外すれば1000ダメージと、オマケと考えれば悪くない数値である。
 魔法・罠カード除外し、墓地魔法・罠カードがないことを条件とする効果を利用することも考えられるが、超重武者を展開するには墓地魔法・罠カードがないことを条件とする効果を利用することが多く、結局噛み合わない。

  • 作中ではこのモンスターの周りにレールが出現し、その上を通る事で移動していた。
    また、自身の後ろ側にいた《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》戦闘を行う際にはその場で180度向きを変えることで対処している。
    • 「不動のデュエル」を信条とする権現坂にしては珍しく積極的に動き回るモンスターであり、劇中でも沢渡から驚かれていた。
      このデュエルではこれまでとは異なり自分からアクションカードを取りに行くなど、彼の心境の変化を表しているとも言える。
    • DM16話リマスター版の放送終了後のデュエル漫才で、遊矢から「俺とのデュエルでも見せてくれよ!」と発言されており、その約束を果たした形とも言える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《超重蒸鬼テツドウ−O》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星12 地属性 機械族 攻2000 守4800 超重武者

広告