超戦士(ちょうせんし)(たて)/Super Soldier Shield》

カウンター罠
(1):自分フィールドに「カオス・ソルジャー」モンスターが存在し、
フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除いて発動できる。
墓地のこのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 ディメンション・オブ・カオスで登場したカウンター罠
 カオス・ソルジャーが存在する場合にモンスター対象とするカード発動無効にできる効果魔力カウンターを取り除くことで墓地からセットできる効果を持つ。

 (1)の効果により、カオス・ソルジャーが存在する場合に、モンスター対象とする効果ノーコスト無効にできる。
 しかし、対象をとらない効果に対応できず、カオス・ソルジャーがいないと発動できない事から、腐る事が多い。
 それでも高い攻撃力を持つモンスター除去から守ってくれるのはありがたい。
 対象にとられるのはカオス・ソルジャー以外でも相手モンスターでも良いため、装備カードチェーンしたり、《青き眼の乙女》のような対象をとる効果に対して発動する効果を妨害することもできる。
 《ゴッドバードアタック》のような魔法・罠カード対象にできるカードでも、モンスターが1体でも含まれていれば問題なく発動できる。

 カード名の通り《超戦士カオス・ソルジャー》とは特に相性が良く、儀式モンスターの天敵であるバウンス除外をある程度防げる。
 《ブラック・ホール》などの対象をとらない破壊を受けても暗黒騎士ガイア特殊召喚して戦線を維持できる。

 (2)の効果によりサルベージが可能であり、《混沌の場》との併用により無理なくデッキに組み込む事ができる。
 《混沌の場》フィールドに存在している時に儀式召喚すれば大抵1つは魔力カウンターが乗っているため、すぐにこの効果発動できる。
 手札コストなどで墓地に送っても発動できるので非常に便利である。

 (2)の効果を使った後で(1)の効果発動条件を満たしている場合、存在が明白なこのカードを前に相手対象をとる効果モンスター除去するとは考えづらい。
 基本的に(1)の効果は1度きりと考え、2度目は牽制や伏せ除去に対する囮の役割になるだろう。

 モンスター効果限定とはいえ、対象をとる効果からの防御手段なら発動条件がなく、魔法・罠カード対象にされても使える《スキル・プリズナー》がある。
 2回目の発動についてもあちらは他のカードを必要とせず、墓地からの発動なので対処され難い。
 前述のようにこちらは相手モンスター対象にされても使用できる点、魔法・罠カードに対しても使用できる点などを生かしたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《超戦士の盾》 カウンター罠

広告