超量妖精(ちょうりょうようせい)アルファン/Super Quantal Fairy Alphan》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻   0/守   0
「超量妖精アルファン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。

 ブースターSP−ウィング・レイダーズ−で登場した光属性天使族下級モンスター
 自分フィールドモンスターレベル対象モンスターレベルと同じにする起動効果、自身をリリースしてデッキから超量3種をランダムに1体特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)の効果は、自分フィールド全てのモンスターレベルを永続的に超量モンスターレベルと同じにする効果
 幸いどの超量士特殊召喚効果特殊召喚手段があるため、このカードと共にフィールドに揃えるのは難しくない。
 また、自身も対象にでき、レベル変更は超量以外のモンスターにも適用されるため、ランク1・3〜5のエクシーズモンスターを使い分ける事ができる。
 そのステータスからこのカード自体をリクルートすることも容易なので、フィールドモンスターレベルを1にするために単独で採用することも考えられる。

 (2)の効果は、3種類の超量から1体をランダムにリクルートし、残りを墓地へ送る効果
 3種の超量士は「特殊召喚に成功した時に発動できる効果」と、「墓地へ送られた場合に発動できる効果」を持っているため、それらを見せることで3つの効果を同時に発動できる。
 《超量妖精アルファン》も3種類の中に含めることもできるが、墓地へ送られた場合の効果を持たないため、選ばれなかった場合に損になるので極力避けたい。
 デッキに必ず3種の超量が必要になるため、中盤以降は《超量士ブルーレイヤー》効果デッキに補充してから使うと良い。
 アドバンテージを稼げるため、如何にこの効果を使いまわすかも重要となる。
 《金華猫》や、《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》による蘇生も手である。

 ちなみに超量士はそれぞれ特殊召喚に成功した時と墓地へ送られた場合に誘発効果を持つため、リリースするとチェーンが3つ組める。

  • モチーフは特撮番組「スーパー戦隊シリーズ」に登場するサポートキャラだろう。
    妖精のサポートキャラには『高速戦隊ターボレンジャー』の妖精シーロンが存在する。
    名前の由来は海外版である「パワーレンジャー」に登場するアルファ5だと思われる。
    また、コンピュータ関連の用語と関連付けると、画素の不透明度を表現するαチャンネルも由来だろう。
    の色に使われる事も多い。

関連カード

―《超量妖精アルファン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:エクシーズ素材を持つ《ヴェルズ・オピオン》が存在するとき、レベル5の《超量士レッドレイヤー》を3種類の中に含むことはできますか?
A:レベル5の《超量士レッドレイヤー》を含める事はできません。(15/12/18)

Q:《御前試合》適用されている場合、このカードの(2)の効果発動できますか?
  発動できる場合、デッキに別の《超量妖精アルファン》が入っている必要はありますか?
A:発動自体ができません。(15/12/18)


Tag: 《超量妖精アルファン》 モンスター 効果モンスター 星1 光属性 天使族 攻0 守0 超量

広告