帝王(ていおう)烈旋(れっせん)/The Monarchs Stormforth》

速攻魔法
「帝王の烈旋」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(1):このターン、アドバンス召喚のために自分のモンスターをリリースする場合に1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した速攻魔法
 エクストラデッキからの特殊召喚を制限し、相手モンスター1体をアドバンス召喚リリースとして使用できる効果を持つ。

 《クロス・ソウル》相互互換であり、細かな違いはあるが最も大きな違いはバトルフェイズを行えることである。
 この点であちらよりもかなり使い勝手が良く、攻め手を止めずに相手モンスター除去できる。
 戦闘する事に役割が集約される《偉大魔獣 ガーゼット》《冥界の魔王 ハ・デス》などは強く恩恵を受けられる。
 《クロス・ソウル》では運用しにくい《八俣大蛇》《火之迦具土》などの最上級スピリットサポートとしても使いやすい。
 直接アドバンテージを稼げない《虚無魔人》《人造人間−サイコ・ショッカー》のようなモンスターも、相手に与える猶予期間が縮まる事でメタカードとしての影響力を高められる。
 エクストラデッキ使用に制限があるため《イリュージョン・スナッチ》からエクシーズ召喚に繋ぐといった行為はできないが、それを踏まえても充分に強力である。
 アドバンス召喚主体のデッキなら複数枚の投入も十分検討できる。

 《クロス・ソウル》と同様に《黄泉ガエル》等と合わせれば、最上級モンスターも簡単に召喚する事ができる。
 同じくエクストラデッキ使用を制限する各種帝王《ドラゴノイド・ジェネレーター》と併用するのも良いだろう。

 対象をとる(指定する)効果耐性をもつ《神樹の守護獣−牙王》や、通常魔法を書き換える《アーティファクト−デュランダル》も難なく除去できる。
 また《神の警告》アドバンス召喚無効にされても、リリースによる除去は行える。
 こういった遂行力の高さから、アドバンス召喚そのものを目的としないデッキであっても、除去カードとして採用することも考えられる。
 上級モンスターサーチできる【シャドール】や、上級モンスター軸の【陽炎獣】【アーティファクト】などならば、扱いにはそう困らない。
 ただし、魔法カード効果を受けない《サイレント・マジシャン LV8》などはリリースできないので注意したい。

  • カード名は「烈風」「烈戦」「旋風」の合成語だろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:対象を取りますか?また、発動後は何らかのチェーンが作られますか?
A:いいえ、取りません。
  発動後、チェーンを作らず相手モンスターリリースしてアドバンス召喚する処理を行うことができます。(14/04/19)

Q:レベル7以上のモンスターアドバンス召喚を行う際に自分相手フィールドモンスターをそれぞれ1体ずつリリースしてアドバンス召喚できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)

Q:フィールド上にモンスターが存在しない状況で発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)

Q:魔法カード効果を受けないモンスターリリースできますか?
A:いいえ、できません。(14/04/19)

Q:このカードの効果適用された事によって相手モンスターリリースしてアドバンス召喚を行った場合、そのモンスターカードの効果によって墓地へ送られた扱いになりますか?
A:いいえ、なりません。(14/06/05)

Q:このカードの効果相手モンスターリリースアドバンスセットを行うことはできますか?
A:可能です。(14/06/07)


Tag: 《帝王の烈旋》 魔法 速攻魔法 帝王

広告