(そこ)なし流砂(りゅうさ)/Bottomless Shifting Sand》

永続罠
相手のエンドフェイズ時に1度だけ、
フィールド上に表側表示で存在する攻撃力が一番高いモンスターを破壊する。
自分のスタンバイフェイズ時に自分の手札が4枚以下の場合、
このカードを破壊する。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した永続罠
 相手エンドフェイズ攻撃力が一番高いモンスター破壊する効果を持つが、一定条件下で自壊する。

 言わば相手ターン終了のたびに《ハンマーシュート》を振り下ろす効果
 相手エンドフェイズ発動すれば奇襲性が高く、無効にされにくい。
 ただ、自壊効果を持つ点や自分モンスター破壊する可能性がある点など、かなり制御しにくいカードである。

 モンスター表側表示で残らないデッキに投入すれば、相手モンスターだけを一方的に破壊する事ができる。
 【スピリット】【妖仙獣】と相性がよく、どちらとも自分エンドフェイズ手札に戻るのでこのカードに巻き込まれる心配がなく、また手札が減りにくいので自壊も防ぐことができる。
 手札を温存することができれば、モンスターを展開しない【ドローゴー】や、相手ターンは常にモンスター裏側守備表示【ゴーストリック】でも活用できるだろう。
 《宮廷のしきたり》と併用すれば自壊しなくなるため、手札消費が荒いデッキでも使用可能となる。

  • 「流砂」とは、脆い地盤に重さや圧力が掛かって崩壊する現象、またはそれを引き起こす地盤のことである。
    映画など(このカードイラストも)では「柔らかい砂に人が飲み込まれる砂漠の底なし沼」のような描写がされる事が多いが、実際には水分を多く含む土地で発生する現象である。
    例えば、地震で地下に圧力が掛かって地中に含まれていた水が吹き出す「液状化現象」は、流砂の一種である。
    水を含む砂に人は浮くため、映画のようにそのまま飲み込まれてしまう可能性は少ないが、腰まで嵌ってしまうと独力で出るのは難しく、餓死の危険がある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力の一番高いモンスターが複数存在する場合、どうなりますか?
A:攻撃力の一番高いモンスターは全て破壊されます。(10/09/13)

Q:スタンバイフェイズに自身を破壊するのは効果ですか?それとも効果として扱わないテキスト効果外テキスト)ですか?
A:カードの効果として扱います。(15/01/11)

Q:《宮廷のしきたり》が存在する状態で、手札が4枚以下の場合、自壊しますか?
A:自壊しません。(15/01/11)

Q:《王宮のお触れ》が存在する状態で、手札が4枚以下の場合、自壊しますか?
A:自壊しません。(15/01/11)

Q:スタンバイフェイズ効果チェーンブロックは作られますか?
A:いいえ、チェーンブロックは作られません。(14/05/19)

Q:エンドフェイズ効果チェーンブロックは作られますか?
A:はい、チェーンブロックが作られます。(14/05/19)

Q:攻撃力の一番高いモンスター罠カード効果を受けないモンスターでした。
  この場合、どのように処理しますか?
A:このカード効果適用されません。(10/11/10)

Q:フィールド上に攻撃力1900と1800のモンスターがいる時に《底なし流砂》を2枚発動すると、相手ターン終了時の処理はどうなりますか?
A:相手ターン終了時に、それぞれの《底なし流砂》の効果処理が行われ、1枚目の効果処理で最初に攻撃力1900のモンスター破壊され、次に2枚目の効果処理で攻撃力1800のモンスター破壊されます。(10/11/18)


Tag: 《底なし流砂》 永続罠

広告