天威(てんい)龍鬼神(りゅうきしん)

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守   0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードの攻撃で効果モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
このカードの攻撃力は破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけモンスターに攻撃できる。

 CHAOS IMPACTで登場する闇属性幻竜族シンクロモンスター
 相手モンスター効果発動した時にそのモンスター除外できる効果効果モンスター戦闘破壊して墓地へ送った場合に自己強化2回攻撃を可能にする効果を持つ。

 シンクロ素材縛りは無く、効果除去自己強化2回攻撃と単体で完結した汎用的なものである。
 ただ、レベル8はシンクロモンスターの中でも激戦区であり、同レベルには高い除去性能や耐性を持ったモンスターも複数存在する。
 効果のみならず種族属性も含めて採用するか否かを検討したい。
 【天威】では《天威龍−アーダラ》レベル天威で出すのが効率的であり、《天威の龍仙女》の制約に引っ掛からない利点がある。
 【竜星】では《風竜星−ホロウ》《水竜星−ビシキ》シンクロ素材に使う事で耐性を付与でき、維持が若干狙いやすくなる。

 (1)は相手モンスター効果発動した時にそのモンスター除外できる効果
 あくまでも除外するだけで効果そのものは無効にならない点に注意。
 発動して自身を手札から特殊召喚するモンスター自己再生モンスターには強く、除外するので再利用も封じる事ができる。
 《魔界発現世行きデスガイド》《水晶機巧−ハリファイバー》などの展開効果は、効果自体を止められなくてもそのモンスター除外することでその後の展開を大きく鈍らせることができる。
 自身への除去などは防げないが、それでも1:1交換は成立するので多少の牽制にはなるか。
 ただし、手札誘発等の元から自身をコスト発動するモンスターに対しては牽制にもならない。

 (2)は条件を満たした場合における自己強化2回攻撃の付与。
 攻撃力3000なので戦闘破壊は狙いやすく、大抵の相手モンスター効果モンスターなので発動条件も緩い。
 3000を超えるステータスモンスターであっても、別に攻撃力3000未満のモンスターが存在すればそちらを先に狙う事で攻撃力を上回り2回目で戦闘破壊も狙える。
 また、攻撃力3000未満で複数の攻撃表示モンスターが存在する状態では、2回目で3000以上の戦闘ダメージが見込めるためフィニッシャーにもなり得る。
 相手からの攻撃を返り討ちにした場合では発動しない点、墓地へ送る必要がある点、2回攻撃モンスター限定である点などは注意したい。

  • 《天威の鬼神》に宿っていた闇の力がさらに暴走したのか、人間であった頃の面影がほとんど無くなってしまっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《天威の龍鬼神》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 幻竜族 攻3000 守0 天威

広告