天威龍(てんいりゅう)−アーダラ》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/幻竜族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 RISING RAMPAGEで登場した地属性幻竜族下級モンスターチューナー
 メインデッキ天威モンスター共通の特殊召喚を行える起動効果、自身以外の除外された自分幻竜族サルベージできる起動効果を持つ。

 (1)はメインデッキ天威モンスター共通の特殊召喚効果
 効果モンスターが存在しない場合なので、モンスターが存在しない場合でも特殊召喚が可能。
 効果モンスターがいる場合でも、それらを素材に効果を持たないリンクモンスターなどにすれば条件を満たせる。
 そのため、特殊召喚した天威モンスターを素材に《天威の拳僧》リンク召喚すれば、続けて別の天威モンスター特殊召喚可能になる。
 更に、リンク素材として墓地へ送られた事で(2)の効果に繋がるのでアドバンテージも稼ぎやすい。

 単純に「自分フィールドモンスターがいない場合に特殊召喚できるチューナー」として利用するのも手。
 初手に握っていれば展開に役立ち、地属性なのでナチュルシンクロモンスターシンクロ素材にも使える。
 天威としての特性を活かすのならば《ナチュル・ガオドレイク》等の効果を持たないシンクロモンスターシンクロ召喚する事も検討できる。

 (2)は除外された自分幻竜族サルベージ
 手札からも除外できるが、アドバンテージの観点から可能な限り墓地から除外したい。
 メインデッキ天威モンスターはいずれも類似した効果を持つのでサルベージ対象を用意する事は容易く、そのまま天威モンスター特殊召喚してさらなる展開へ繋げる事も可能。
 自身は回収できないが同名カードは回収できるので、墓地除外ゾーンに1枚ずつ存在すれば毎ターン回収を繰り返すこともできる。

  • 名前の由来はヒンドゥー・ヨーガの第1チャクラ「ムーラ・アーダーラ」と思われる。
    「根を支えるもの」を表す言葉で、脊髄の基底部に位置するとされており、生命力の源と言われている。

関連カード

―《天威龍−アーダラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天威龍−アーダラ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 幻竜族 攻0 守0 天威

広告