天空勇士(エンジェルブレイブ)ネオパーシアス/Neo-Parshath, the Sky Paladin》

効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2300/守2000
(1):このカードは自分フィールドの「天空騎士パーシアス」1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):フィールドに「天空の聖域」が存在し、自分のLPが相手より多い場合、
このカードの攻撃力・守備力はその差の数値分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 ストラクチャーデッキ−閃光の波動−で登場した光属性天使族最上級モンスター
 《天空騎士パーシアス》リリースして特殊召喚できる召喚ルール効果、条件付きで攻撃力守備力を上昇する永続効果貫通ダメージを与える永続効果ドローを加速する誘発効果を持つ。

 《天空騎士パーシアス》上位種であり、《力の代行者 マーズ》効果をも兼ね備えている。
 《神の居城−ヴァルハラ》《コート・オブ・ジャスティス》特殊召喚できるほか、《神聖なる魂》《トランスターン》を使ってリクルートする事も可能。
 《天空騎士パーシアス》リリースして特殊召喚できる効果も有しているが、《天空騎士パーシアス》自体がかなり貧弱なため無理に狙う必要はない。

 貫通能力と攻撃力強化能力がマッチしており、攻撃力を飛躍的に上昇させる事ができる。
 また、ライフを増やす過程で失われるカード・アドバンテージドローによって補う事ができ、それぞれの効果が噛み合ったカードといえる。
 《魂吸収》《ダグラの剣》などを併用すれば爆発的な攻撃力を得られる他、《女神の加護》は攻守3000ポイントのコンバットトリックになる。
 《裁きの代行者 サターン》と並ぶ【天空の聖域】の切り札と言えるだろう。

 反面、元々の攻撃力2300という数値は最上級モンスターとしてはかなり低く、《天空の聖域》がない場合やライフポイントが劣勢の場合は貧弱。
 《オネスト》で迎撃しつつドローできる点を活用したい。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時にドローを行うカード《仮面魔道士》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードは通常召喚できますか?
A:このカードに召喚条件蘇生制限はありません。
  2体のモンスターリリースすれば、通常召喚をする事も可能です。
  また、蘇生帰還に関しても制約はありません。


Tag: 《天空勇士ネオパーシアス》 効果モンスター モンスター 星7 光属性 天使族 攻2300 守2000 パーシアス

広告