天使(てんし)手鏡(てかがみ)/Fairy's Hand Mirror》

通常罠
フィールド上のモンスター1体を対象に発動した相手の魔法を、
別の正しい対象に移し替える。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した通常罠
 魔法カード対象を、効果発動時に別の対象へと移し替える効果を持つ。

 「フィールド上のモンスター1体を対象にする相手の魔法」の対象を移し替えるが、「正しい対象」である必要があり、対応範囲が大変狭くなっている。
 代表的な対象をとる魔法カードを挙げても、以下のような問題が挙がる。

  1. 《エネミーコントローラー》では自分モンスターにしか移し替えられない。
  2. ダメージステップ発動された《収縮》《突進》などにはチェーンできない。
  3. 《抹殺の使徒》裏側守備表示モンスターがいなければ移し替えられない。

 現在、デッキへの投入率が高いのは《禁じられた聖杯》《禁じられた聖槍》《月の書》など。
 それらの魔法カードを移し変えられれば理想だが、とにかく小回りが利きづらいため《八式対魔法多重結界》に比べ使い辛い。

関連カード

―《天使の手鏡》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:移し替える対象を決めるのは効果発動時効果解決時のどちらですか?
A:効果発動時です。(11/09/17)

Q:装備カード状態の《甲虫装機 ホーネット》効果発動した時、対象を移し替えることは可能ですか?
A:装備カード扱いの《甲虫装機 ホーネット》効果の発動チェーンして、このカード発動する事はできません。(12/05/16)

Q:《E・HERO ワイルドマン》に対して発動し、魔法カード対象《E・HERO ワイルドマン》に変更する事はできますか?
A:はい、変更できます。(14/09/08)

Q:メインフェイズ《魂を削る死霊》《収縮》対象になりました。
  《天使の手鏡》をチェーン対象《魂を削る死霊》以外に移した場合、《収縮》効果解決の時《魂を削る死霊》自壊しますか?
A:このカード効果の対象になった事で、《収縮》効果適用される前に自壊します。(14/09/08)


Tag: 《天使の手鏡》 通常罠

広告