同族感染(どうぞくかんせん)ウィルス/Tribe-Infecting Virus》

効果モンスター(制限カード)
星4/水属性/水族/攻1600/守1000
手札を1枚捨てて種族を1つ宣言する。
自分と相手のフィールド上に表側表示で存在する
宣言した種族のモンスターを全て破壊する。

 黒魔導の覇者で登場した水属性水族下級モンスター
 宣言した種族モンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 表側表示限定ではあるものの、1:1交換以上のモンスター除去能力を持ち、対象をとらない効果であるため、類似効果の中でも回避されにくい。
 複数の同種族モンスターが並んでいれば《ライトニング・ボルテックス》のように働き、形成を一気に覆す事ができる。
 1ターンに1度の制限がないため、手札さえあれば別種族が並んでいる状況にも対応可能。
 リクルートサルベージ手段が少なく、狙ったタイミングでの利用が困難ではあるが、手札に来れば腐る状況は少なく、露払いから返しの一掃まで幅広い局面で利用できる。
 手札コストさえ工面すれば良いので、様々なデッキで投入できる汎用性を持つと言える。

 除去後に1600の攻撃力殴れるアタッカーであるという事も《ライトニング・ボルテックス》にない利点である。
 全盛期は《魔導戦士 ブレイカー》《ブレイドナイト》《ハイドロゲドン》などと共に準アタッカーラインという基準を作り、活躍した。
 当然ながら、生存すれば次のターン除去を行う事ができる。

 手札コストカードの種類を問わない緩いもので、フィールドの状況次第ではあるが意図的に複数を墓地へ送る事も可能である。
 ディスアドバンテージを相殺しての墓地送りが可能という希少なカードで、墓地リソースの確保や捨て蘇生といった役目も兼ねられる。
 《キラー・スネーク》で負担を軽減したり、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》召喚条件を整えて一気にライフを削り取るといった動きは強力である。

 弱点としては、自分フィールドにも影響を及ぼす事が挙がる。
 自壊トリガーとするカードとのコンボに使えなくもないが、負担を考えればあまり効率的ではない。
 また、相手水族使用してきた場合は、自身を巻き添えにしてしまうが、水族自体はマイナーな種族なので、このような状況はそこまで多くない。
 かつては《アビス・ソルジャー》《メタル・リフレクト・スライム》といった少数側がこのカードを道連れにできるメリットを持つとすら考えられていた。

 もう一つの弱点は中途半端なステータス
 アタッカーとしては場持ちが期待できず、返しの攻撃アドバンテージを失う事も充分考えられる。

  • 規制後の環境においては、種族統一されたテーマデッキが次々と登場しており、それらには有用なメタカードとなりうる。
    抑止力として機能する面もあるが、当時以上にアドバンテージを得やすいという意味で、長らく規制が解かれない状況が続いていた。
  • 上記のような様々な要素を踏まえ、第10期の17/10/01にて、実に11年半ぶりに制限カードに復帰した。
    ルールや環境が大きく様変わりした中でどのような働きを見せるか注目される。
  • コナミのゲーム作品において―
    DS用ソフトでは、感染したモンスターではなくこのモンスター自体のソリッドビジョンが用意されている。
    イラスト背景にあるオレンジ色のとげとげしたものを球体にして回転させた形状であり、いかにも「ウイルス」といったものである。

関連カード

―《同族感染ウィルス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:この効果は1ターンに何度でも使用可能ですか。
A:はい。発動条件が満たせる限り、1ターンに何度でも使用可能です。


Tag: 《同族感染ウィルス》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 水族 攻1600 守1000

広告