(にじ)クリボー/Rainbow Kuriboh》

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 100/守 100
「虹クリボー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは攻撃できない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した光属性悪魔族下級モンスター
 相手攻撃宣言時に装備カードとなり、装備しているモンスター攻撃を封じる誘発効果直接攻撃時に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、モンスタープレイヤーどちらに対する攻撃にも使用できる。
 《速攻のかかし》などと比較すると防御能力は落ちるため、《ジェントルーパー》と同じくモンスターの維持を狙うのが基本。
 装備カードとなるので永続的に攻撃を封じることはできるが、エクシーズ素材などにされてしまったり、魔法・罠除去で処理される事も少なくない。
 《デモンズ・チェーン》などと同様、長期的な拘束力は期待しないほうが良いだろう。
 その効果の都合上、《ブレイン・ジャッカー》霊使い等のコントロール奪取モンスターとの相性はある程度良いが、そのままだと攻撃できなくなるので他でのフォローが必要になってくる。
 バウンスで再利用できるが、セットできない性質とトリガーから《霞の谷のファルコン》とは相性が悪い。
 《暗黒の扉》とは相性が良く、うまくいけば2ターン以上相手攻撃を防いでくれる。

 (2)の直接攻撃時に蘇生する効果戦闘破壊されると除外され、1回限りのにしかならない。
 《異次元エスパー・スター・ロビン》同様《王宮の鉄壁》を使えば繰り返し使え、こちらはアタッカーにはならないが、サーチリクルートが容易。
 ただし、あちらと違ってこの効果1ターンに1度しか使えず、直接攻撃は一度しか防げない。

 (2)の効果チェーンして、《バトルフェーダー》《ゴーストリック・フロスト》《ゴーストリック・ランタン》などの手札誘発効果発動する事ができる。
 攻撃を防いた後に2体のレベル1が並ぶので、次の自分ターンエクシーズ召喚が可能。
 《シャイニート・マジシャン》でさらに攻撃を防いだり、《ゴーストリック・デュラハン》レベルゴーストリックサルベージを狙う事ができる。
 このカード除外デメリットもなくなるので、再度の自己再生が狙える。
 公開情報故に狙いを悟られやすいものの、単体で利用するよりもけん制含め防御力向上が見込めるだろう。
 これらのカードを多く採用する【金華猫】【ゴーストリック】とは相性がいいモンスターと言えよう。
 他には、関係するモンスター悪魔族に集中しているので、《暗黒界の門》《ダークネス・ネオスフィア》と組み合わせるのも面白いだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    九十九遊馬の父・一馬がかつて所持していたカード
    アニメZEXALII(セカンド)においてアストラル世界へ旅立った遊馬が発見し、「遊馬vsエリファス」戦以降遊馬のデッキの一員となった。
    NO(ニューオーダーズ)12 エーテリック・マヘス》の攻撃宣言時に効果発動し、その装備カードとなって攻撃を封じた。
    《NO12 エーテリック・マヘス》がエクシーズ素材となったことで墓地へ送られた後、《NO(ニューオーダーズ)13 エーテリック・アメン》の直接攻撃宣言時に墓地から特殊召喚されて戦闘破壊された。
    その後も多くのデュエルで登場してはその度に遊馬を救っており、登場時期が遅かった割に活躍の回数が多いモンスターである。
  • デュエル外では、遊馬がアストラル世界でエリファスの襲撃を受けた際に「クリボート」・「クリボール」に変形して遊馬を助けている。
    また、煙幕を発生する「クリボーガイ」や、一馬から遊馬に宛てたホログラム映像を投影する機能も備えていた。
  • アニメARC-V1話の記念グッズ販売会の商品リストに載っていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1つ目の効果対象を取りますか?
A:はい、対象を取ります。(13/11/16)

Q:1つ目の効果発動して装備カードになった場合、その攻撃はどうなりますか?
A:そのモンスター攻撃できなくなり、ダメージステップに移行しません。(13/11/20)

Q:1つ目の効果解決時対象に選択したモンスターフィールド表側表示で存在しなくなった場合、手札のこのカード墓地へ送られますか、手札に残りますか?
A:その場合、このカード手札から墓地へ送られます。(14/09/11)

Q:1つ目の効果発動して《鉄の騎士 ギア・フリード》に装備した場合、または魔法カード効果を受けないモンスターに装備した場合、どのように処理しますか?
A:《鉄の騎士 ギア・フリード》に《虹クリボー》を装備した場合、装備後に《鉄の騎士 ギア・フリード》誘発効果によって《虹クリボー》は破壊されます。
  この場合、《鉄の騎士 ギア・フリード》攻撃はその時点で終わります。
  また、魔法カード効果を受けない場合でも《虹クリボー》を装備する事はできますが、《虹クリボー》の効果を受けないため、攻撃はそのまま続けます。(13/11/21)

Q:このカードの効果でこのカードが装備されて攻撃が中断され、その後同じバトルフェイズ中にそのモンスター《禁じられた聖槍》発動した場合、そのモンスターは再び攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(13/12/26)

Q:相手直接攻撃時に、墓地にこのカード手札《バトルフェーダー》が存在します。それぞれのカードの効果を任意の順番でチェーンさせて発動する事は可能ですか?
A:チェーン1でのみ、墓地の《虹クリボー》の効果発動できます。
  相手直接攻撃時に、先に《虹クリボー》の効果発動するかを選択し、その後ターンプレイヤーである相手チェーンを確認します。
  その後、自分《バトルフェーダー》チェーンする事が可能です。
  効果発動を選択しなかった場合、同一チェーン上では《虹クリボー》の効果発動する事はできません。(13/12/05)

Q:自分フィールド上に《No.39 希望皇ホープ》《サイクロン》墓地にこのカード《タスケナイト》が存在します。
  相手《エレキリン》直接攻撃を行う場合、それぞれの効果発動する事はできますか?
A:ご質問の状況の場合、それぞれの効果発動させる事が可能です。
  始めに《虹クリボー》・《No.39 希望皇ホープ》《タスケナイト》それぞれの効果発動するかを選択し、任意の順番でチェーンを組みます。
  ターンプレイヤーである相手チェーンを確認した後、自分《サイクロン》チェーンする事が可能です。(13/12/05)

Q:《侵略の汎発感染》効果を受けている《ヴェルズ・オピオン》攻撃に対してこのカードの第一の効果発動して装備した場合、どうなりますか?
A:そのターン《侵略の汎発感染》効果によって、《ヴェルズ・オピオン》魔法カード扱いのこのカードの効果を受けないので、攻撃無効化されません。なお、次のターン以降は通常通り効果適用され、攻撃することは出来ません。(13/12/18)

Q:相手直接攻撃宣言時に手札墓地のこのカードを両方発動する事はできますか?
A:手札墓地のこのカードチェーンを組んで発動でき、その場合チェーン1で墓地の《虹クリボー》の効果発動チェーン2で手札の《虹クリボー》の効果発動する事になります。(14/02/06)

Q:相手攻撃宣言時に手札からこのカード《ジェントルーパー》を同一チェーン上で発動できますか?
A:できます。(15/10/12)

Q:《サクリファイス》効果でこのカードを装備した場合、「装備モンスター攻撃できない」効果適用されますか?
A:適用されません。(16/07/04)


Tag: 《虹クリボー》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 悪魔族 攻100 守100 クリボー

広告