熱血指導王(ねっけつしどうおう)ジャイアントレーナー/Coach King Giantrainer》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/戦士族/攻2800/守2000
レベル8モンスター×3
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、お互いに確認する。
確認したカードがモンスターだった場合、
さらに相手ライフに800ポイントダメージを与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
「熱血指導王ジャイアントレーナー」の効果は1ターンに3度まで使用できる。

 V JUMP EDITION 8で登場した炎属性戦士族エクシーズモンスター
 バトルフェイズを放棄する代わりにドローを行い、モンスターカードを引いた時に効果ダメージを与える起動効果を持つ。

 レベル8を3体必要とする非常に重いエクシーズモンスター
 エクシーズ召喚する上では、事実上の専用サポートカードと言える《熱血獣王ベアーマン》が存在する。
 その他、基本的なエクシーズ召喚手段のバリエーションについては《超銀河眼の光子龍》を参照。

 効果によって相手に知られるが1ターンに3枚のドローができ、エクシーズ召喚に使ったカード・アドバンテージを取り戻すことができる。
 モンスタードローした場合は更にダメージを与えることができるため、状況によってはバーンカード感覚で使うこともできる。
 とは言え当然モンスター効果発動する前に除去されたり、効果無効にされては大きなディスアドバンテージになるので、罠カード手札誘発効果には十分注意が必要である。

 また、バトルフェイズを行えないデメリットがあり、エクシーズ召喚にかかる手間の割には攻撃力も低い。
 このカードを出してドローを行いアドバンテージ回復に務めるか、《神竜騎士フェルグラント》などを出して攻撃したほうが良いかは状況による所が大きい。
 状況打破はエクシーズ素材2体の《聖刻神龍−エネアード》などに任せ、こちらはドロー効果アドバンテージを稼ぐことを目的とすることになるだろう。
 元からバトルが行えない先攻ターン目や《ソウル・チャージ》を使用したターンならばデメリットも相殺され、この点で《熱血獣王ベアーマン》サーチできる【十二獣】と噛み合いが良い。

  • ネーミングは、巨大なものを意味する「ジャイアント(giant)」と技術指導を行う人物「トレーナー(trainer)」をかけたものとなっている。
    • 「熱血指導」は、アニメでこのカードを使用した片桐大介の(バリアン化している際の)口癖にもなっていた。
      余談だが、普通の発音とはイントネーションが少し違い、「熱血指導」の前の「ン」の溜めが特徴的であった。
  • アニメのOPではこのカードが本編に登場する76話までシルエットのような姿をしていた。
    またこの部分はCXが集合するシーンなのだが、ランクアップ前のモンスターの中で唯一このシーンに登場している。
    それを考慮すると、このカード自身もギラグから片桐へ手渡されたものである可能性がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果ドローしたカード魔法・罠カードの場合、ドローする処理と確認する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(13/01/12)

Q:相手がこのカードの効果ドローし、確認したカード魔法・罠カードの場合、自分《強烈なはたき落とし》発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/01/13)

Q:このカードの効果ドローしたカードモンスターの場合、ドローする処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、ドローして確認してその後ダメージを与える処理を行い同時の扱いではありません。(13/01/12)

Q:《天変地異》が存在する時に相手デッキの上のカードモンスターカードと判明している時に、相手がこのカードの効果発動した場合、自分《地獄の扉越し銃》発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/08/23)

Q:カード確認させる処理がありますが、自分手札公開されている場合、効果発動はできますか?
A:はい、発動できます。(13/05/19)

Q:レベル8にした《ガガガガール》3体をエクシーズ素材として、このカードエクシーズ召喚し、攻撃力を0にする効果を3回発動させました。
  この場合ドロー効果発動させることはできますか?
A:その場合でもドロー効果を3回まで発動できます。(13/12/19)


Tag: 《熱血指導王ジャイアントレーナー》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク8 炎属性 戦士族 攻2800 守2000

広告