覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン/Odd-Eyes Raging Dragon》

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
ドラゴン族レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にエクストラデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
(1):Xモンスターを素材としてX召喚したこのカードは以下の効果を得る。
●このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊し、
このカードの攻撃力はターン終了時まで、破壊したカードの数×200アップする。
(2):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 レイジング・テンペストで登場した闇属性ドラゴン族エクシーズペンデュラムモンスター
 デッキからペンデュラムモンスター1枚をペンデュラムゾーン置くペンデュラム効果エクシーズモンスターを素材としている場合に2回攻撃永続効果全体除去自己強化起動効果を得る効果モンスターゾーンの自身が破壊された場合に自身をペンデュラムゾーンに置く誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケール以外のステータスモンスター効果適用条件は《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》と同じである。
 エクシーズモンスターを素材に出せば、相手フィールドのみの全体除去とそれに伴う自己強化2回攻撃可能になる効果を得られる。
 相手カードを5枚以上破壊すれば、このカードのみでの1ターンキルも可能になるが、破壊耐性を持つものに対しては別途対処が必要となる。
 裏側表示カード破壊できるので、《底なし落とし穴》等で裏側守備表示にして破壊耐性適用されないところを一網打尽にするのもいいだろう。

 エクシーズモンスターを素材にこのカードエクシーズ召喚する方法は以下のものが考えられる。

  1. 《相克の魔術師》《相生の魔術師》ペンデュラム効果
    適当なレベルドラゴン族モンスタードラゴン族エクシーズモンスターの2体で呼び出せる。
    《竜魔人 クィーンドラグーン》縛りのないランク4なのでエクシーズ召喚しやすく、墓地レベルドラゴン族モンスター蘇生することで即座に召喚条件を整えられる。
    《竜魔人 クィーンドラグーン》の素材としても使える《終末の騎士》《E・HERO プリズマー》墓地に該当するモンスターを事前に落としておけば狙いやすい。
  2. 《相克の魔術師》のみを使用する場合
    レベルドラゴン族モンスターランクドラゴン族エクシーズモンスターで呼び出せる。
    ランク7の《真紅眼の鋼炎竜》レベル7のレッドアイズ蘇生すれば召喚条件が整う。
    または、《聖刻龍王−アトゥムス》レベル7のドラゴン族特殊召喚した後に、《聖刻龍王−アトゥムス》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》にしても召喚条件が整う。
  3. RUM
    《RUM−幻影騎士団ラウンチ》《No.24 竜血鬼ドラギュラス》などの闇属性ランク6からの特殊召喚が簡単。
    中でも《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》は1ターンエクシーズ素材2つを消費でき、このカードでは対処できない破壊耐性を持つモンスター除去できるのでシナジーが高い。
    戦闘ダメージは与えられないが、カードの消費の少なさでいえば《RR−ラスト・ストリクス》《RR−レヴォリューション・ファルコン》を出して素材とする方法がある。
    《烏合無象》を使う場合は消費が1枚増えるものの戦闘ダメージも通るため1ターンキルが狙いやすい。
    《RUM−アストラル・フォース》《No.5 亡朧竜 デス・キマイラ・ドラゴン》を素材に特殊召喚もできる。
    【RR】では《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》ランクRR蘇生してそのまま出す方法もある。

 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》と比較した場合、与えられる最大ダメージ量ではあちらに劣る。
 だが、こちらは破壊するカードの種類を問わないので汎用性が高く、維持さえできれば次のターン以降もモンスター効果を狙えるので安定性が高い。
 また、上記の通り5枚以上破壊すれば1ターンキルは可能になるためダメージ量で劣る点も大して問題になりにくい。
 ペンデュラムゾーンに置いた場合も、あちらがスケール4に対しこちらはスケール1なのでペンデュラム召喚可能な範囲が広い。
 ペンデュラムゾーンが既に埋まっていると置けないものの、元々こちらの効果はオマケの様なものなので然程気にすることではない。

 以上より、真っ当な方法でエクシーズモンスターを素材に出すのならばこちらを優先するのが無難である。
 一応、《RR−ラスト・ストリクス》で出した場合など、戦闘ダメージが通らないターンならばバーン効果を持つあちらが勝るケースもあるが、そのためだけにエクストラデッキを1枚潰すかはよく考えたい。

  • 「レイジング(raging)」とは「怒り狂う・激怒した」という意味であり、アニメARC-Vにおける使い手である遊矢とユートの使用時における激しい怒りを反映したカード名と言えるだろう。
  • エクシーズ召喚時の口上は「二色の眼の竜よ。深き闇より蘇り、怒りの炎で地上の全てを焼き払え!エクシーズ召喚!いでよ、ランク7!災い呼ぶ烈火の竜、《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》!」
  • 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》と同様に、使用者である遊矢とユートが謎の暴走を起こし、あちら以上に強い破壊衝動が表れている。
    また召喚直後の衝撃も同じように現実世界に影響を及ぼしており、「遊矢(ユート)vs瑠璃&セレナ」戦や「遊矢&零児vs零王」戦ではデュエルが行われていた部屋を設備もろとも破壊している。
  • 「遊矢(ユート)vs瑠璃&セレナ」戦等6期OP直前での活躍が影響したのかARC-Vの6期OPにおいて遊矢の新エースモンスターであるかのように扱われていた。
    実際にはOP放映中の初期に少し出ただけで出番を終えている。
    その後、よく似た特徴を持つ《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》が登場しており、ズァークの消滅と共にこのモンスターも消滅して生まれ変わったと思われる。
    またこのOPには、遊矢がこのモンスターに笑顔で乗っているシーンがあるのだが、前述のように本編ではこのカードを使う際は常に暴走状態だった為、実現しなかった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:「エクシーズモンスターを素材としてエクシーズ召喚したこのカードは以下の効果を得る」は、条件を満たした後で裏側守備表示になり反転召喚した場合も有効ですか?
A:いいえ、一度裏側守備表示になった場合は効果を得ることができなくなります。(17/01/23)


Tag: 《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》 モンスター エクシーズモンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター ランク7 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 スケール1 オッドアイズ

広告