覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークヴルム/Supreme King Dragon Darkwurm》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかP召喚できない。
【モンスター効果】
「覇王眷竜ダークヴルム」の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「覇王門」Pモンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性ドラゴン族下級ペンデュラムモンスター
 デッキから覇王門ペンデュラムゾーン置くペンデュラム効果召喚・特殊召喚に成功した場合に覇王門サーチできる誘発効果自分フィールドモンスターが存在しない場合に自己再生できる起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果覇王門ペンデュラムゾーン置く効果
 《覇王龍ズァーク》が存在する場合に発動可能な覇王門効果を利用するか、《覇王門零》とで下級モンスター《覇王門無限》とで上級モンスターペンデュラム召喚するために使うことになる。
 闇属性ペンデュラムゾーンに2枚揃うため、《ペンデュラム・フュージョン》を使えばスターヴ・ヴェノム融合召喚も可能。
 闇属性主体のデッキであればデメリットなしでペンデュラム召喚可能なので、入れて置くのも手。

 (1)のモンスター効果召喚・特殊召喚に成功した場合に覇王門サーチする効果
 (2)のモンスター効果による自己再生の他、このカードペンデュラム召喚された場合にサーチを行い、カード・アドバンテージを獲得できる。
 サーチした覇王門スケールとして使用する場合、自分フィールドモンスターがいるとスケールとして機能しないデメリットを持つ《覇王門無限》と比べると、《覇王門零》の方が使い勝手がいい。
 《覇王門零》《覇王門無限》と共に自壊し、融合フュージョン魔法カードサーチするペンデュラム効果を持つので、2枚の覇王門を揃える事で間接的に融合召喚の補助ができる。
 《覇王眷竜オッドアイズ》ペンデュラム効果とも相性が良く、サーチ後にこのカードコストにもう片方の覇王門サーチすることで《覇王門零》《覇王門無限》を揃えられる。

 (2)のモンスター効果《フォトン・スラッシャー》等と同じ条件の自己再生
 コスト無しで墓地から特殊召喚できるものの、ペンデュラムモンスターなので自己再生を行うには《おろかな埋葬》などを使うか、エクシーズ素材にして墓地に置く必要がある。
 フィールド離れるエクストラデッキへ行くため使いきりの効果と割り切るのもいい。

 自己再生できる状態で、手札に他にレベルモンスターがあるなら、自己再生から《覇王門零》サーチした後にレベル4を召喚し、ランク4の《キングレムリン》《十二獣ブルホーン》エクシーズ召喚してさらにペンデュラムモンスターサーチすることでペンデュラム召喚が可能になる。
 他のレベル4が《EMドクロバット・ジョーカー》などのサーチ効果を持つものならペンデュラム召喚するモンスターもついでにサーチできる。

 覇王眷竜唯一の下級モンスターなので、他の覇王眷竜への橋渡しとしての役割も担う。
 覇王眷竜コストに必要とする効果も、このカードなら気軽に行える。

  • アニメ版はペンデュラム効果モンスター効果共に全く異なり、以下の通り。
    レアリティRareだった。
    【Pスケール:青5/赤5】
    (1):1ターンに1度、自分フィールドの「覇王」モンスターが攻撃対象に選択された場合に発動できる。
    その攻撃を無効にする。
    【モンスター効果】
    (1):自分フィールドにこのカード以外の「覇王」モンスターが存在し、
    このカードが攻撃対象に選択された場合に発動できる。
    その攻撃を無効にする。

関連カード

収録パック等


Tag: 《覇王眷竜ダークヴルム》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1800 守1200 スケール5 覇王眷竜

広告