彼岸(ひがん)詩人(しじん) ウェルギリウス/Virgil, Rock Star of the Burning Abyss》

シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2500/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「彼岸の詩人 ウェルギリウス」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「彼岸の詩人 ウェルギリウス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、手札から「彼岸」カード1枚を捨て、
相手のフィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

 EXTRA PACK 2015で登場した光属性魔法使い族シンクロモンスター
 1体しか存在できないルール効果彼岸1枚をコスト相手フィールド墓地からデッキバウンスをする起動効果破壊され墓地へ送られたドローできる誘発効果を持つ。

 シンクロ素材の指定は無いが、(2)の効果手札コスト彼岸が必要なので、事実上【彼岸】専用となる。
 《彼岸の悪鬼 ラビキャント》を自身の効果特殊召喚し、通常召喚した下級彼岸《魔サイの戦士》と合わせてシンクロ召喚するのが基本となるか。
 フィールドに1体しか存在できないというデメリットがあるものの、元より(2)の効果同名カードを含めて1ターンに1度しか発動できないので大した問題はない。

 デッキバウンス効果は、カードの種類表示形式を問わない上に、墓地カード対象にできるため、状況に合わせて柔軟に動ける。
 手札コスト彼岸も合わせてアドバンテージを得やすい。

 レベル相応の攻撃力に加えて、(3)のドロー効果のおかげで破壊されてもディスアドバンテージになりにくい。
 ただし、フィールド上で破壊される必要があるため、シンクロ召喚自体を無効にされたり、バウンス除外を受けた場合は発動できないので要注意。

 また、通常のシンクロ召喚以外にも《永遠の淑女 ベアトリーチェ》効果でも特殊召喚できる。
 同じ条件には《彼岸の巡礼者 ダンテ》もいるが、除去効果を持っている上に無理なく使えるのでこちらも選択肢となる。

 魔法使い族レベルシンクロモンスターとしては、初めてシンクロ素材縛りを持たない。
 【魔法族の里】をはじめとした魔法使い族デッキでは、魔法使い族以外も投入する際には有効活用できる。
 同じ攻撃力光属性《エクスプローシブ・マジシャン》もいるが、あちらは効果発動魔力カウンターが必要なので、それをあまり使わないタイプであれば優先して採用できる。
 《マジックテンペスター》と共に《カオス・ソーサラー》墓地コストにもなり、《マジマジ☆マジシャンギャル》エクシーズ素材が多少用意しやすくなったと言える。

  • 由来は、古代ローマ時代の詩人ウェルギリウス(英語表記ではVirgilとなる)か。
    神曲の作者であるダンテは彼に強い影響を受けており、作中において主人公の師としてウェルギリウスを登場させている。
    また、中世ヨーロッパでは「ウェルギリウスは偉大な魔術師だった」という流説が広まり、それに基づく数々の説話が生まれた。
    このカード魔法使い族であるのはそういった点も踏まえているのだろう。

関連カード

―《彼岸の詩人 ウェルギリウス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《彼岸の詩人 ウェルギリウス》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星6 光属性 魔法使い族 攻2500 守1000 彼岸

広告