彼岸(ひがん)沈溺(ちんでき)/Fire Lake of the Burning Abyss》

通常罠
(1):自分フィールドの表側表示の「彼岸」モンスター2体を墓地へ送り、
フィールドのカードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 EXTRA PACK 2015で登場した通常罠
 自分フィールド彼岸モンスター2体をコストフィールドカードを3枚破壊する効果を持つ。

 さながら彼岸専用の《ゴッドバードアタック》とでも言うべきカード
 基本的に、彼岸モンスターが持つ「墓地へ送られた場合」の効果の併用を狙い運用することとなる。
 しかし消費と同じ枚数を除去するという点では《ゴッドバードアタック》に類似しているが、こちらはさらにコストが1枚増えており、積極的に使用するにはやや重い
 彼岸モンスターが2体いるならばシンクロ召喚エクシーズ召喚が可能な状況も多いので、相手ターンに使える通常罠である点を活かせるよう状況を構築したい。
 サクリファイス・エスケープ手段として使用する他、コストにしたモンスター《旅人の到彼岸》蘇生させればディスアドバンテージも十分軽減できる。

 コスト重い破壊枚数も最大3枚と多くなっており、様々な状況に対応できる。
 モンスター除去セットカードの排除は勿論、ペンデュラムゾーンを潰せばペンデュラム召喚の妨害にも役立つ。
 更にディスアドバンテージまで取り返せたとなれば、相手にとっては痛烈な一撃となる。

 変わった所では《彼岸の悪鬼 ハロウハウンド》により容易に墓地へ送ることができる点から、コストを無視できる《ジャンク・コレクター》でコピーするのも面白い。

  • 沈溺とは、「水におぼれること」または「物事に夢中になって深入りをすること」という意味である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《彼岸の沈溺》 通常罠 彼岸

広告